荒牧監督のエヴァ、起動 日本アニメ(ーター)見本市にリアル感満載のCG | アニメ!アニメ!

荒牧監督のエヴァ、起動 日本アニメ(ーター)見本市にリアル感満載のCG

2月6日に日本アニメ(ーター)見本市第12弾『evangelion:Another Impact(Confidential)』が公開された。荒牧伸志監督による別の世界のエヴァンゲリオンという設定の短編アニメーションだ。

ニュース
(c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー
  • (c) nihon animator mihonichi LLP. (c)カラー
日本アニメ(ーター)見本市で『evangelion:Another Impact(Confidential)』が公開された。日本アニメ(ーター)見本市は2014年10月から始まり、本作で第12弾となる。
毎週金曜日にアニメの第一線で活躍するクリエイターの短編アニメーションが公開され、アニメファンの関心が高い企画だ。今回の作品は、予告から大きく話題となり、その反響通りの大作となっている。

『evangelion:Another Impact(Confidential)』は荒牧伸志さんが監督、脚本、絵コンテを手掛けている。2015年1月から公開している『アップルシードアルファ』をはじめ、多くの映画で監督を務めている。監督だけではなくメカニックデザインも担当し、世界的に注目されている人物だ。
CGディレクターは荒牧監督の『アップルシードアルファ』でもCGディレクターを担当している松本勝さんが担当している。数々のゲームムービーやCG映画に参加し、現在はSOLA Digital Artsに所属している。Another Evaのデザインは『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』や『ギルティクラウン』などのメカニックデザインを手掛ける竹内敦志さんが担当した。

本編はリアルな3DCGで繰り広げられる荒牧監督のエヴァの世界だ。別の世界で起動したエヴァの物語ということで、格納庫や世界観の様子はどこか似てるながらも、細かい部分はよりリアルな設定が施されている。そのCGのリアルさに思わず実写と見間違うほどだ。
デザインもエヴァを基調としながらもオリジナリティがあり、色味からより重厚感と生々しさが出ている。設定資料やデザインも公開され、興味深い。

2月9日にニコニコ生放送で「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」が放送、荒牧監督、松本勝さん、石井朋彦プロデューサーが出演する。作品についての話という事で気になるところだ。
エヴァンゲリオンをテーマとした作品は2つ目ということで、今後も何かあるのでは、と期待させてくれる。次回のアニメーター見本市の予告を心待ちにしたい。

日本アニメーター見本市
http://animatorexpo.com

「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第12回」
放送日時:2015年2月9日(月)22時~23時(予定)
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv204660654
出演者:荒牧 伸志(監督)、松本 勝(CGディレクター)、石井朋彦(プロデューサー)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集