「ジュピター」 それは“ウォシャウスキー姉弟”が贈る超大作SFアクション、3月28日公開決定 | アニメ!アニメ!

「ジュピター」 それは“ウォシャウスキー姉弟”が贈る超大作SFアクション、3月28日公開決定

「マトリックス」シリーズで世界の映像ファンを震撼させたウォシャウスキー姉弟監督が、2015年にまた大きな衝撃を世に放つ。超大作『ジュピター』の日本公開が3月28日に決定した。

ニュース
「ジュピター」 それは“ウォシャウスキー姉弟”が贈る超大作SFアクション、3月28日公開決定
  • 「ジュピター」 それは“ウォシャウスキー姉弟”が贈る超大作SFアクション、3月28日公開決定
  • (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
  • (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
  • (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
  • (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
「マトリックス」シリーズで世界の映像ファンを震撼させたウォシャウスキー姉弟監督が、2015年にまた大きな衝撃を世に放つ。SFアクションの超大作『ジュピター』の日本公開が、3月28日に決定した。
『ジュピター』の舞台は広大な宇宙。普通の生活は過ごしてきたジュピターは、ある日突然、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。宇宙規模の争いに巻き込まれるジュピター、そして彼女を助ける下級戦士ケインとの恋の行方、波乱万丈の物語が幕を明ける。

監督を務めるウォシャウスキー姉弟は、1999年の『マトリックス』で一躍名をあげた。その後、『スピード・レーサー』や『クラウド アトラス』などアクションたっぷりの大作映画を次々に手がける。『ジュピター』はそんな監督らが「マトリックス」シリーズ以来の完全オリジナルストーリーだ。
その壮大な世界観は、『スター・ウォーズ』や『スター・トレック』に匹敵する。往年の大作『砂の惑星』などをも彷彿させる正統派超SF大作、それが『ジュピター』である。

公開日決定に合わせて、今回キャラクタービジュアルも公開された。ブラスターのような銃を手にした主人公は、『ブレードランナー』へのオマージュも垣間見える。
そこに姿を見せる出演陣、『ホワイトハウス・ダウン』『GIジョー』で活躍のチャニング・テイタムが戦士・ケインを『ブラック・スワン』『テッド』のミラ・クニスがジュピターを演じる。ハリウッドでいま最も期待されて二人の共演からも、本作にかける大きな意気込みが感じられる。

『ジュピター』
3月28日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
http://wwws.warnerbros.co.jp/jupiterascending

[ストーリー]
「地球で冴えない生活をしている普通の女性ジュピター・ジョーンズ(ミラ・クニス)。ある日何者かに襲われ、突然現れた強靭な戦士に助けられたジュピターは、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。
彼女を助けた強靭な戦士の名はケイン(チャニング・テイタム)。遺伝子操作によって狼の遺伝子を持って生まれた、遠い星の最下級の戦士だ。
王朝では3人の継承者たちが支配権を争っていた。彼らは亡き母と同じ遺伝子配列を持つジュピターが、生まれ変わりとして引き継ぐ地球を狙っていた。10万年前から支配してきた全人類を、今まさに滅ぼそうとしているのだ。
身分の違いから、決して結ばれない運命のジュピターとケインが、人類の危機を阻止するため宇宙最大の王朝を相手に戦いを挑む。」

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集