実写版「パトレイバー」第6章から本編映像 暴走する赤いレイバーにパトカー大爆発 | アニメ!アニメ!

実写版「パトレイバー」第6章から本編映像 暴走する赤いレイバーにパトカー大爆発

ニュース

(c)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
  • (c)2014 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会
実写版「パトレイバー」こと『THE NEXT GENERATION パトレイバー』が11月29日に第6章の劇場上映がスタートした。今回上映されてりうのは、エピソード10「暴走!赤いレイバー」とエピソード11「THE LONG GOODBYE」である。
このうち「暴走!赤いレイバー」では、実写シリーズで初めて本格的なレイバー戦が描かれている。今回、このエピソード10の本編映像が公開された。見どころは旧ソ連製軍用レイバー・RT99、通称・赤いレイバーが街中を暴走するシーンを楽しむことができる。

エピソード10「暴走!赤いレイバー」は第3章のエピソード4に登場したテロリスト・蜂野が、秘密裏に輸入された軍用レイバーを強奪。首都・東京に向けて急襲するという衝撃のストーリーが繰り広げられている。
地上からはパトカー、頭上ではヘリコプターが追跡する中、突如レイバーの機関銃が火を吹いてヘリコプターを銃撃。さらにパトカーに向けて砲撃を加え、横転あり爆発ありの過激なアクションが展開される。その描写はシリーズ屈指の内容となっており、思わず息を飲む出来映えとなった。



赤いレイバーはジェラルミンの盾を持った機動隊も簡単に蹴散らして爆走を続けていく。果たして特車2課のメンバーはレイバーの東京襲撃を食い止めることができるのだろうか。
現在上映中の第6章では、主人公・泉野 明が操縦する98式AV イングラムとの一騎打ちの場面まで描かれている。軍用VS警察用レイバーの気になるバトルの行方はスクリーンで確認したい。

『機動警察パトレイバー』は1988年にシリーズがスタート。マンガやOVAをはじめ幅広いメディアミックス展開を繰り広げ、アニメ史に残る大ヒットを記録した。
その実写化企画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、シリーズ12話を劇場用に全7章として構成し、2014年4月より劇場上映を行っている。2015年のゴールデンウィークには押井守監督による長編劇場版の公開も控えており、さらなる盛り上がりを見せている最中だ。
[高橋克則]

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
http://patlabor-nextgeneration.com/
シリーズ第6章 11月29日(土)より新宿ピカデリーほか2週間限定イベント上映中
長編劇場版 2015年GW 新宿ピカデリーほか全国公開
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集