海外向けアニメ配信・ECサイトの新会社 クールジャパン機構出資でDAISUKIと統合 | アニメ!アニメ!

海外向けアニメ配信・ECサイトの新会社 クールジャパン機構出資でDAISUKIと統合

海外に向けて日本のアニメやグッズを届ける新会社が2014年11月に新たに誕生する。バンダイナムコホールディングス、ADK、アニプレックスは11月7日付で共同出資の株式会社アニメコンソーシアムジャパンを設立する。

ニュース
海外に向けて日本のアニメやその関連グッズを届ける新会社が2014年11月に新たに誕生する。国内エンタテインメント大手のバンダイナムコホールディングス、広告代理店アサツー ディ・ケイ、そしてソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメ事業グループ会社であるアニプレックスは、2014年11月7日付で共同出資の株式会社アニメコンソーシアムジャパンを設立することを明らかにした。
新会社は正規版の日本アニメ海外向け動画配信、さらに関連商品のECサイトを展開する。資本金は5億円、バンダイナムコゲームス代表取締役副社長の鵜之澤伸氏が代表者となる。

アニメコンソーシアムジャパンは、日本コンテンツの海外展開を目的とする海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)から出資を受ける。2015年4月から本格的に事業を開始する。
さらにアニメコンソーシアムジャパンは、現在、国内アニメ業界の有力企業が出資する海外向けのアニメ配信会社DAISUKIと事業統合を行う。事業後の株主構成は、バンダイナムコホールディングス、海外需要開拓支援機構、アサツー ディ・ケイ、アニプレックス、東映アニメーション、サンライズ、トムス・エンタテインメント、日本アドシステムズ、電通となる。
日本のアニメ関連の有力企業とクールジャパン機構が並ぶかたちだ。発表によれば新会は、日本のアニメをオールジャパン体制で世界に発信するものになる。

またDAISUKIがこれまでも行ってきた新作アニメのサイマル配信は引き継ぐ。過去作品の配信を多言語で実施、提供する予定として、DAISUKIの持っていた事業をさらに強化、発展させることになる。
さらにたな事業として、アニメ関連商品やデジタルコンテンツの販売のECサイト運営を掲げている。近年、海外向けの正規版グッズのEC販売は有望なビジネスとされることが増えており、こうした部分で収益化を目指すと見られる。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集