レベルファイブ原案でホラー小説「うしろ ふきげんな死神。」 KADOKAWAとフィールズがコラボ | アニメ!アニメ!

レベルファイブ原案でホラー小説「うしろ ふきげんな死神。」 KADOKAWAとフィールズがコラボ

KADOKAWAとフィールズはレベルファイブ原案の心霊ホラーRPG『うしろ』を小説化、角川ホラー文庫より9月25日に『うしろ ふきげんな死神。』の発売を開始した。

ニュース
『妖怪ウォッチ』や『イナズマイレブン』などのヒット作でお馴染みのレベルファイブの新たな世界が展開しそうだ。KADOKAWAとフィールズはレベルファイブ原案の心霊ホラーRPG『うしろ』を小説化、角川ホラー文庫より9月25日に『うしろ ふきげんな死神。』の発売を開始した。
また同日、電子書籍配信サービス「BOOK☆WALKER」にてデジタル書籍でも同時発売となった。大型タイトルとして世に送り出す。

『うしろ ふきげんな死神。』の原案となる『うしろ』は、2008年にレベルファイブがPSP 用ソフトとして発表した心霊ホラーRPGだ。これまでのところゲーム化はされていないが、ヒットメーカーのタイトルだけに関心も高い。
今回はそれを原案にホラー小説として描く。心霊ホラーRPG『うしろ』の世界観を踏襲した新世代死神ストーリーを展開するとのことだ。
登場人物は、不思議な道具と能力で死にゆく魂を捕獲する死神「うしろ」こと宇城霊一郎、そして誰も死なせたくない高校生の西崎七名子だ。霊一郎は尽きようとしている命を嗅ぎ分け、人間の魂を奪うことで、死神としての役目を果たす。一方、西崎七名子は前向きで明るい性格の高校一年生。七名子はある事情により、うしろと眷属契約を結ぶことになる。奇妙な主従関係を中心とした心霊ファンタジーとなる。

これまでも数々の話題のホラー小説で定評のある角川ホラー文庫が編集にあたった。さらに『聖者が殺しにやってくる』、『イリーガル・テクニカ』などの代表作があり、『機動戦士ガンダム SEED』や『貞子 3D2-再誕』などのノベライズも手掛けた後藤リウが執筆を担当する。2015 年1月には第2巻が発売される予定だ。
KADOKAWA とフィールズは本作の小説シリーズ化だけでなく、さらなるメディア展開を目指す。今後さらにレベルファイブとの協業を続けていく。

小説『うしろ ふきげんな死神。』 (第1巻)
/http://www.kadokawa.co.jp/product/321405000139/
発売日: 2014年 9月25日(木) ※地域によって前後する場合があります。
電子書籍配信日: 2014 年9月25日(木) 0 時~
著者: 後藤リウ  定価(税込): 518円
判型: 文庫判
カバーイラスト: toi8

[あらすじ]
- 「おまえの命と引き換えに、願いをひとつ叶えてやろう」
校舎の屋上で西崎七名子が出会ったのは、ふつうの人には見えないはずの「死神」だった。
宇城霊一郎と名乗るその死神は、不思議な道具と能力で、死にゆく魂を捕獲するというのだが……。
新世代死神ストーリー開幕!

『うしろ ふきげんな死神。』
(C)LEVEL-5 / KADOKAWA / フィールズ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集