ブシロード社長が語る『劇場版 カードファイト!! ヴァンガード』の見どころ 木谷高明氏インタビュー | アニメ!アニメ!

ブシロード社長が語る『劇場版 カードファイト!! ヴァンガード』の見どころ 木谷高明氏インタビュー

『カードファイト!! ヴァンガード』が劇場映画となる。アニメ版と実写版の2本立てで9月13日(土)から全国公開だ。『カードファイト!! ヴァンガード』を世界に送り出すブシロードの木谷高明代表取締役社長にゲームの誕生、映画のみどころについて伺った。

インタビュー
トレーディングカードの世界累計出荷枚数が10億枚以上というスーパーコンテンツ『カードファイト!! ヴァンガード』が劇場映画となる。しかもアニメ版と実写版の2本立てで、9月13日(土)から全国公開だ。
いまや日本だけでなく、世界で人気を集める『カードファイト!! ヴァンガード』、それを世界に送り出すブシロードの木谷高明代表取締役社長に、『カードファイト!! ヴァンガード』の誕生について、そして映画のみどころについて伺った。

『劇場版カードファイト!! ヴァンガード』
2014年9月3日(土ROADSHOW
/ http://vanguard-movie.com/

■ 「これが失敗したら会社がやばいぞ」、それが成功の秘訣

アニメ!アニメ!(以下AA)
まず『カードファイト!! ヴァンガード』について教えていただけますか。お子様たちが見る作品でもあるので、名前は知っているけれども詳しく知らないかたもおられるかもしれません。

木谷高明社長(以下木谷)
ヴァンガードは2011年1月から発売を開始した弊社オリジナルのトレーディングカードゲームです。
日本だけでなくアジアやアメリカを中心とした世界中で展開、2013年12月でシリーズ累計出荷枚数10億枚を突破しました。
コミック、TVアニメ、ビデオゲームやスマートフォンアプリなど、玩具の分野にとどまらず、たくさんのお客様に支持いただいています。

ヴァンガードのファンは、確かに子供も多いんですけども、メインは高校生ぐらいです。スタートしてから3年以上経っているので、ヴァンガードが始まった時に小学校6年生だった人は高校生になっています。それを含めて高校生がかなり多いというのもあるんです。
ファン層としては、小学生から大学生ぐらいまで幅広くて、実はその20%~25%ぐらいが女性ファンです。おそらくカードゲームの中で一番女性ファンが多いのがヴァンガードだと思います。

AA
ヴァンガードの企画は、もともとどう誕生したのですか?

木谷
誕生のきっかけは、僕が最初に子供向けのカードゲームを作りたいなと思ったことです。原作の伊藤彰先生に企画のご相談をするところから始めました。
伊藤先生は車が好きだったり、カードゲームもマジックとかホビー的なものの知識が豊富で、とても造詣が深い方なんです。世界観の構築やキャラクターを作るのも非常に上手な人です。ホビー作品の原作者としてはうってつけの人物だと思いました。

AA
子供向けのカードゲーム市場への参入は、とてもハードルが高いといわれていますが、実際はいかがでしょうか?

木谷
確かに子供向けは参入が非常にむずかしいすね。当社は最初、ヴァイスシュヴァルツという10代後半~がメインターゲットのカードゲームを出し、そのあとにもターゲットがはっきりわかっているカードゲームをいくつか出しました。そしてその後のヴァンガードでより広く世に出ました。最初のままだったら今の売上げになってないと思いますし、他社様の版権を借りて商品を作っている会社、というイメージだったと思うんです。
ヴァンガードがうまく行ったから、自社オリジナルコンテンツを作り出して、カードゲームを中心に展開し、それを横に広げ、さらに海外にも展開できる会社になったと思うんです。ですからヴァンガードがなければ、シンガポールの現地法人は無かったわけです。

AA
競争が厳しいなかで大成功を収めたわけですが、成功の秘訣はどこにあったのですか。

木谷
ヴァンガードを立ち上げた時の僕とかブシロードには崖っぷち感がありました。「これが失敗したら会社がやばいぞ」って(笑)。それがよかったんだと思いますよ。

fd

『劇場版カードファイト!! ヴァンガード』
(C)劇場版ヴァンガード製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集