冲方丁(脚本)&黄瀬和哉(総監督)インタビュー前編 『攻殻機動隊ARISE』、新しい素子はこうして描かれた | アニメ!アニメ!

冲方丁(脚本)&黄瀬和哉(総監督)インタビュー前編 『攻殻機動隊ARISE』、新しい素子はこうして描かれた

『攻殻機動隊ARISE』シリーズの完結作となるborder:4が9月6日に上映をスタート。脚本・シリーズ構成の冲方丁さん、総監督・キャラクターデザイン の黄瀬和哉さんにborder:3までの振り返り、最終章を迎えての心境についてお話いただいた。

インタビュー
『攻殻機動隊ARISE』シリーズの完結作となるborder:4が9月6日にいよいよ上映をスタートする。最終章『border:4 Ghost Stands Alone』では、国外カルテルの利権を巡る水の価格協定への抗議デモの最中に起きた、同時ゴーストハックによる機動隊の無差別発砲事件をきっかけに、“ブリキの少女”ツダ・エマと“カカシの男”ブリンダジュニアのダブルゴーストの謎、そして彼らが目指すものが何なのか、隠された陰謀の真相に迫る物語だ。
このインタビューでは、脚本・シリーズ構成を担当する冲方丁さん、総監督・キャラクターデザイン の黄瀬和哉さんに誰も見たことのない“新しい草薙素子”誕生の裏側やborder:3までの振り返り、最終章を迎えての心境についてお話いただいた。
[取材・構成=川俣綾加]

『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』
9月6日全国劇場上映開始(2週間限定)

/http://kokaku-a.jp/

■ なぜ、結成前夜を描いたのか?

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
『攻殻機動隊ARISE』もとうとう完結となりますが、border:4まで一緒に作品を作ってみてお互いにいかがでしたか? 長年作品に携わってきた黄瀬さんと、今回が初の冲方さんと真逆のおふたりですが。

―冲方丁さん(以下、冲方)
そういう意味では本当に真逆ですね。

―黄瀬和哉さん(以下、黄瀬)
僕自身は監督の経験があまり無いので、2人とも同じようなキャリアですよ。

―冲方
いやいや(笑)、黄瀬さんがいなかったらたぶん『攻殻機動隊ARISE』はできてないですよ。最初のほうは本当に迷走してたので。

―AA
まずは何からするか、というところでなかなか決着がつかなかったのでしょうか?

―冲方
そうですね。物語の構想を練るにあたって「過去作品のことは考えなくていいよ」と黄瀬さんが言ってくれたんですが、それは黄瀬さんだからこそ言えたこと。思い入れが強すぎてみんな遠慮してしまった結果、迷走してまったんです。

―AA
根強いファンも多く、いざ新しく作るとなると作り手としては強いプレッシャーに感じてしまうのも無理ないと思います。

―黄瀬
たぶん僕だけだと思うんですが、ファンであることがスタート地点になってないんです。士郎正宗さんのマンガは読んでましたが、何年も持っているのにいまだに理解できていない部分もいっぱいあるマンガで。手書きや欄外に書いてある部分もきちんと読まないと、きっと理解できないのでしょうが、僕はそれを全て読み切っていたわけではないので今も原作を読んで新しいことを発見したりしますよ。「こんなこと書いてあったんだ」って。そういう意味でまだ僕はファンになりきれてないまま仕事していたという感じですね。

―冲方
僕にとって『攻殻機動隊』は教科書。『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』が公開されたのが18歳の時で、ちょうどデビューした年です。作品として優れているのはもちろん、SF氷河期時代に風穴を開けてくれた作品で両方の意味で教科書だと思っています。
『攻殻機動隊ARISE』に取りかかる時も最初はガチガチでしたけど、黄瀬さんのふわっとしたところにだんだん感化され自由に動けるようになりました。

fd

―AA
黄瀬さんは長年作品に携わっていますが、過去作品のことを頭から切り離して新たに取り組む、というのは苦労しましたか?

―黄瀬
全然です。今回はこれまでと関わり方が全く違ったので。今まではデザインなど全てができあがった中で作業スタート、と進めてきたのが、今回は「さてお話はどうしましょうか」というところから関わっていって、最終的に「好きにすればいいじゃない!」みたいな。

―冲方
あははは!(笑)

―黄瀬
では「好きにすればいいじゃない」で進めるにはどうしたらいいんだろうと考えた時、前の話の続きを書くよりも、より過去に遡ったほうが好きに書けるんじゃないの、という話になったんですよね。
もう一つは、士郎さんのプロットで素子の出自の設定があり、それを使ってOKということで出していただいたので、それを使うためには若い素子を書いたほうがしっくりくるんじゃないかなと、ぼんやり思いました。

―冲方
そこから、仲間集めの話にしましょうとようやく何をするか決まりましたよね。

fd

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集