第12回インディーズアニメフェスタ受賞作決定 コマ撮り作品「Shougi」に三鷹市賞 | アニメ!アニメ!

第12回インディーズアニメフェスタ受賞作決定 コマ撮り作品「Shougi」に三鷹市賞

3月2日、三鷹市文化芸術センターにて第12回インディーズアニメフェスタのノミネート作品上映会が行われ、各受賞作品が発表された。

ニュース
(c)三鷹の森アニメフェスタ2014/第12回インディーズアニメフェスタ
  • (c)三鷹の森アニメフェスタ2014/第12回インディーズアニメフェスタ
3月2日、三鷹市文化芸術センターにて第12回インディーズアニメフェスタのノミネート作品上映会が行われた。この場で、三鷹市賞をはじめとする各受賞作品が発表された。
大賞<三鷹市賞>に選ばれたのは中島勇太さんの『Shougi』である。また市民審査員賞は谷口崇さんの『ヌードバッター鉄雄』、審査員賞は田島かおりさんの『りんごごりんご~おかえりわたし~』と坂元友介さんの『猟師と聖』となった。

インディーズアニメフェスタは三鷹市の主催により、三鷹の森アニメフェスタのイベントとして開催されている。非商用作品の公募を行い、才能を発掘する目的で実施されている。対象となる作品は紙に鉛筆で描いたもの、セル、コンピュータグラフィックス、人形、クレイ、影絵、ニットなどまで、アニメーションであればその表現方法は問わない。
三鷹の森アニメフェスタでは、1日目は三鷹の森ジブリ美術館のライブラリー作品の上映や監督のトークなど、そして2日目がインディーズアニメフェスタとなっている。イベントのメイン企画だ。

大賞となった『Shougi』は人形を用いたコマ撮りアニメーションで、将棋盤の上で将棋の駒をイメージしたサラリーマンを1コマづつ撮影して動かしている。キャラクター数40体、撮影枚数2200枚と圧巻だ。
また市民審査員賞の3作品は、いずれも手描きの作品になった。谷口さんの『ヌードバッター鉄雄』はTSSショートムービーフェスティバルXのショートムービー部門でグランプリなど、話題の作品でもある。谷口さんは第5回に『森の安藤』でノミネートされていたこともある。
[真狩祐志]

インディーズアニメフェスタ
/http://www.mitaka-univ.org/iafesta/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集