「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」 伊藤美来と三澤紗千香、作品舞台の広報大使に | アニメ!アニメ!

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」 伊藤美来と三澤紗千香、作品舞台の広報大使に

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』のアニメ化決定が、多くのファンから注目を集めている。放送時期は現在まで未発表だが、放送に向けて様々な展開をしている。

ニュース
(c)小杉光太郎・一迅社/ろこどる製作委員会
  • (c)小杉光太郎・一迅社/ろこどる製作委員会
  • (c)小杉光太郎・一迅社/ろこどる製作委員会
  • (c)小杉光太郎・一迅社/ろこどる製作委員会
  • (c)小杉光太郎・一迅社/ろこどる製作委員会
『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』のアニメ化決定が、多くのファンから注目を集めている。放送時期は現在まで未発表だが、放送に向けて様々な展開をしている。
まず2月23日は、コミックス第2巻発売記念のトーク&グッズお渡しイベントが開催される。そして、3月22日には東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2014でステージイベントが行われる。

1月24日に、ニコニコ生放送で中継された流川広報大使就任発表会も大人気だぅた。これは宇佐美奈々子役を演じる伊藤美来さんと小日向縁役の三澤紗千香さんの2人が、作品の舞台である流川市の広報大使に決定したことを記念したものだ。
2人は、自身が演じる ろこどる「流川ガールズ」のステージ衣装姿で登場した。早速、大使としての活動開始である。各自がキャストを務めるキャラクターの紹介をした。

伊藤さんは「キャラクター自身ががんばりやさんだったので、応援したくなりました。一生懸命なところが可愛らしいと思いました。前にあんまり出ていけないところとかが私に似ているので、素直に演じられそうだなと思いました」とキャラクターの第一印象を語った。

三澤さんは「癒し系ですごく可愛くて、しっかりしているけど、少し先輩らしくないところもあったり、すごく親しみやすいなと感じました。天然っぽい役を演じたことがあまりないので、自分にとっても成長できるんじゃないかと楽しみです。また、実際に美来ちゃんが事務所の後輩なので、頼りないところもあるかもしれませんが、先輩として引っ張っていけるように頑張りたいと思いました」と意気込みを述べた。

そして、現時点で決定している放送情報やスタッフ情報などを改めて告知した。最後は、2人からアニメ放送開始への意気込みが語られた。

三澤さんは「優しく、天然な先輩役を初めて演させていただきます。普段あまりない役なので、緊張していますが、美来ちゃんや他のキャストやスタッフのみなさんと頑張っていこうと思います」。
伊藤さんは「このアニメは、ほんわか癒し系な、かわいい女子高生たちが頑張っている姿が見られます。私もキャラクターと寄り添って、奈々子ちゃんとしていろんなイベントも頑張ります。頼りになる三澤先輩と二人で頑張っていくので、よろしくお願い致します」と作品への思いを感じさせた。
[真狩祐志]

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』
/http://www.tbs.co.jp/anime/locodol/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集