ミュージカル『忍たま乱太郎』、新キャラ登場、累計動員数10万人でさらにパワーアップ | アニメ!アニメ!

ミュージカル『忍たま乱太郎』、新キャラ登場、累計動員数10万人でさらにパワーアップ

連載・コラム 高浩美のアニメ×ステージ/ミュージカル談義

高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]


ギャグアニメの舞台化はバカを本気でやるから面白い、ミュージカル『忍たま乱太郎』、新しいキャラも登場、累計観客動員数10万人、さらにパワーアップ!

■ 『忍たま乱太郎』、NHKアニメ作品の中でも最も長寿なシリーズ
ミュージカルも今年で5周年、累計観客動員数は10万人達成


この時期はミュージカル『忍たま乱太郎』のシーズンである。新年早々の初笑いという趣向なのだろうか。難しいことを考えないで肩肘張らずに笑って観ていられるミュージカルである。
昨年は映画も公開され、『忍たま乱太郎』の人気は衰えない。映画は乱太郎が主軸であるが、ミュージカルは乱太郎の上級生たちがメインキャラクター。歌って踊って、殺陣もばっちり、さらにコントもやってくれるので、エンターテインメント性抜群なのである。
実はNHKのアニメ作品の中でも『忍たま乱太郎』は最も長寿なアニメ作品。コミックからアニメ、ミュージカル、ドラマCD、ゲーム等、メディアミックスも盛んである。

ミュージカルは今回で第5弾、“新たなる敵”と題している。おなじみのドクタケ城のメンバーの他に今回、タソガレドキ城のキャラクターが登場する。凄腕忍者の雑渡昆奈門と天然ボケの城主黄昏甚兵衛。このキャラクターが物語にどう関わってくるのか、ここが重要なポイントであろう。
また、2014年はミュージカル『忍たま乱太郎』5周年目と節目を迎える。さらに1月15日で累計観客動員数は10万人を達成するという。もはやすっかり定着、息の長いシリーズになっていることがわかる。
また、今回の公演で新キャスト、若手俳優の荒牧慶彦、小野一貴、早乙女じょうじ、宮崎翔太がカンパニーに加わる。定番となっているシリーズ、キャストを入れ替え、新しいキャラクター投入でどのような“化学反応”をおきるのか、期待が高まる。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集