「殺し屋さん」漫画アクションの人気作品がショートアニメ化 「依頼があれば、何でも殺す」 | アニメ!アニメ!

「殺し屋さん」漫画アクションの人気作品がショートアニメ化 「依頼があれば、何でも殺す」

「漫画アクション」に連載の4コママンガ『殺し屋さん』のアニメ化が決定した。タマちくさんが2004年から双葉社で連載する人気作品である。

ニュース
『殺し屋さん』
  • 『殺し屋さん』
「漫画アクション」に連載の4コママンガ『殺し屋さん』のアニメ化が決定した。タマちくさんが2004年から双葉社で連載する人気作品である。「依頼があれば、何でも殺す」をモットーに活動を続ける日本一の殺し屋の暗躍を明るい笑いを届ける。
作品はショートアニメとなり、アニメ制作はオペラハウスが担当する。オペラハウスの代表作には『がんばれ!!タブチくん!!』、『ののちゃんシアター』、『ピューと吹く!ジャガー』などあり、今回もそうした手腕が発揮されそうだ。

主人公は自他共に認める日本一の殺し屋、そしてそれを取り巻く刑事や被害者や同業者や通りすがりの人から警察犬までのさまざまな人間(犬)模様を描いた娯楽作品だ。
依頼に応じて、夏休みの宿題や主婦の家内労働までを殺しのターゲットにする。狙った獲物は必ず殺し、狙わなくとも笑いを誘う、それが凄腕の殺し屋さんだ。

原作を担当しているのはタマちく.である。タマちく.は、ネーム原作担当の「タマ」と作画担当の「ちく.」による共同ペンネームになる。「タマ」は『B.B.Joker』や『4ジゲン』の作者である一條マサヒデさん、作画担当の「ちく.」は主に成人向け漫画を中心に活動している春輝さんのペンネームでもある。
その原作を池ヶ谷愛監督が映像化する。池ヶ谷さんは、みんなのうた『Aloha You ~きずな~』でも活躍している。週刊少年ジャンプで連載中のマンガ『べるぜバブ』のアニメDVD限定収録『走れ!ベル坊刑事!!』なども制作する。
どのようにショートアニメで表現されるのか気になるところだ。一方、作品の公開メディアは現在のところ明らかにされていない。今後の続報を待ちたい。
[真狩祐志]

『殺し屋さん』
/http://www.5648.jp/
原作:  タマちく.(双葉社 漫画アクション)
監督: 池ヶ谷愛
アニメーション制作: オペラハウス:
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集