篠原健太先生、作詞家デビュー? The Sketchbookに詞を提供 | アニメ!アニメ!

篠原健太先生、作詞家デビュー? The Sketchbookに詞を提供

人気マンガ『SKET DANCE』を連載する篠原健太さんが、作詞家デビューすることになった。アニメ『SKET DANCE』から生まれたバンドThe Sketchbookがファーストアルバム「Sketchbook」をリリース、

ニュース
週刊少年ジャンプ(集英社)で人気マンガ『SKET DANCE』を連載する篠原健太さんが、作詞家デビューすることになった。アニメ『SKET DANCE』から生まれたバンドThe Sketchbookがファーストアルバム「Sketchbook」をリリース、その中に篠原健太さんが作詞した曲が収録されることが明らかになった。
篠原健太さんが詞を提供したのは、「ウォーターカラー」とタイトルされた楽曲だ。作詞にあたっては、歌って気持ちの良い語感になるよう心がけたという。アルバムは7月25日にエイベックス・エンタテインメントより発売される。

The Sketchbookは、『SKET DANCE』の中で主人公の3人が組んだバンドをリアルに実現するためにオーディション企画から誕生した。多田宏さん、渡邊悠さん、小原莉子さんでユニットを組む。
3人はファーストアルバムをリリースするにあたり、
「今、自分たちがバンドとして存在していられるのはSKET DANCEがあるからこそ“SKET DANCEに携わる全ての人の想い込めたアルバム”にしたい!」
と考え、『SKET DANCE』の生みの親である篠原健太さんに直接アルバム参加への想いを伝えた。
これに快く応えた篠原健太さんにより、今回のコラボレーションが実現した。篠原さんは、「初めての経験でしたが、楽曲のカッコ良さに後押しされながら、原稿の合間に楽しんで書かせていただきました。」と話す。

アルバムには、これ以外にも3人の想いがこもっている。「仲間と歩く未来」というテーマで、ファンたちとThe Sketchbookが一緒に作詞した新曲や、The Sketchbookのメンバーが友だちとの絆を描いたエピソード「ドロップ」をモチーフにした、初の完全書き下ろしの楽曲も収録する。こちらは多田宏さんの作詞、渡邊悠さんが作曲をする。
さらに、ブックレットにはテレビアニメ『SKET DANCE』の声優陣、吉野裕行さん(ボッスン役)、白石涼子さん(ヒメコ役)、杉田智和さん(スイッチ役)らが、『The Sketchbookへ想いを綴ったコメントも掲載する。
DVDには、Music Videoのほか、テレビでは1回限りの放送になった「ボッスン、ヒメコ、スイッチの過去編」エンディングアニメ映像を再編集した限定スペシャルエンディング映像も含まれている。ファンにはうれしい盛り沢山な内容だ。

The Sketchbook オフィシャルサイト
http://thesketchbook.jp/



The Sketchbook 1stアルバム「Sketchbook」
発売日: 7月25日(水)
価格: CD+DVD 3,990円(税込)、 CD 3150円(税込)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集