チェコ・アニメの巨匠 シュヴァンクマイエル展 東京と京都で開催 | アニメ!アニメ!

チェコ・アニメの巨匠 シュヴァンクマイエル展 東京と京都で開催

今年はチェコの巨匠として知られるアニメーション作家のヤン・シュヴァンクマイエルのイベントに事欠かない年だ。2月に開催された第3回恵比寿映像祭では同氏が来日し、

ニュース
 今年はチェコの巨匠として知られるアニメーション作家のヤン・シュヴァンクマイエルのイベントに事欠かない年だ。2月に開催された第3回恵比寿映像祭では同氏が来日し、5年ぶりの最新作『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』のジャパンプレミアとティーチインが行われたことでも話題となった。同作は晩夏に公開が予定されている。
 7月からはシュヴァンクマイエル夫妻の展示も実施される。そのヤン&エヴァ・シュヴァンクマイエル展は、東京はラフォーレミュージアム原宿、京都は京都文化博物館別館で開催される。

 これまでに制作されたオブジェ、絵画、版画、ドローイング、コラージュなど、様々な素材を使った作品群が紹介される。晩夏に公開される映画を前提としているのもあって日本初公開となるものが多い。
 2月に刊行された新装版の「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」のために描かれた装画、現在制作中のラフカディオ・ハーンの「怪談」のための挿絵など見所が満載だ。

 ラフォーレミュージアム原宿での展示は2007年以来で、会期は8月20日から9月19日までである。一方、リニューアル特別企画としても実施する京都文化博物館は前期と後期の2回に分かれている。こちらの会期は7月22日から8月14日および10月7日から10月23日だ。関西で大々的に開催されるのが初ということでも注目されている。
 このほか最近のチェコのアニメーション作家の関連としては、渋谷区立松濤美術館で6月14日から「カレル・ゼマン展 トリック映画の前衛 -チェコ・アニメ もうひとりの巨匠-」が開催されている。こちらの会期は7月24日までである。
【真狩祐志】

ヤン・シュヴァンクマイエル情報サイト /http://www.svankmajerjp.com/

「ヤン&エヴァ・シュヴァンクマイエル展~The Works For Japan~」

会期: 7月22日-8月14日
会場: 京都文化博物館別館ホール

前後期共通前売券 
大人1500円 大学生1300円 中高生1100円 12才以下無料
当日券
大人800円 大学生700円 中高生600円 12才以下無料

「ヤン&エヴァ・シュヴァンクマイエル展~映画とその周辺~」

東京
会期:8月20日-9月19日
会場:ラフォーレミュージアム原宿

入場料
大人800円 大高生700円 中小生500円 小学生以下無料

京都
会期:10月7日-10月23日
会場:京都文化博物館別館ホール

当日券
大人800円 大学生700円 中高生600円 12才以下無料
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集