ベルギー生まれの「スマーフ」 3Dアニメ化2011年9月公開 | アニメ!アニメ!

ベルギー生まれの「スマーフ」 3Dアニメ化2011年9月公開

ベルギーのマンガ(バンドデシネ)キャラクターとして生まれ、国民的人気となった「スマーフ」がハリウッドに渡り2011年に3D(立体視)映画となって登場する。映画『スマーフ

ニュース
 ベルギーのマンガ(バンドデシネ)キャラクターとして生まれ、国民的人気となった「スマーフ」がハリウッドに渡り2011年に3D(立体視)映画となって登場する。映画『スマーフ(原題:THE SMURFS)』は、2011年8月に米国公開、そして日本でも2011年9月に劇場公開されることが決定した。
 実写とアニメーションを融合した映像となり、スマーフたちが存在感たっぷりに描かれる。さらに現在注目を浴びる3D(立体視)で制作し、楽しさ溢れるファミリーエンタテインメントに仕上げる。

 スマーフは1958年に作家ピエ-ル・クリフォードさんが、自身のマンガ作品に登場させたのが始まりである。青い色をした小人の妖精のキャラクターは、現在世界で広く知られている。生み出された当初は脇役の扱いだったが、その人気から直ぐに独立した作品となった。ベルギーだけでなく、ドイツ、フランスなどヨーロッパ各国で人気を獲得した。
 1981年に米国のアニメスタジオ ハンナ・バーベラがテレビアニメシリーズを制作、NBCのネットワークで放映されると人気が大きく広がる。256話にも及んだシリーズは、30カ国で放映され世界各国で知られるようになる。そして、この長年にわたる人気と知名度が、今回の大作映画化につながった。

 今回はこれまでの2Dアニメーションと大きく変わり、実写パートと3DCGアニメーションを取り混ぜた新しい映像表現が試される。1958年のマンガ、1981年の2Dアニメーション、そして2011年の本作とメディアの進化と共にスマーフは変わり続ける。
 本作は森の奥深くの不思議な村で人知れず住んでいたスマーフたちが、凶悪な魔法使いガルガメルから村を追い出されることから始まる。そして人間の世界、しかもニューヨークセントラルパークの真ん中に落ちてしまったスマーフたちの運命は?スマーフたちがガルガメラの追跡をかわしながら、人間の世界で大冒険を繰り広げる。

       smurf.jpg

『スマーフ』(原題:THE SMURFS) 
2011年9月ロードショー
公式サイト /http://www.smurf-movie.jp/

 監督: ラージャ・ゴスネル
 出演: 
  ニール・パトリック・ハリス
  ジェイマ・メイズ
  ソフィア・ヴェルガラ
  アントン・イェルチン(声の出演)

「スマーフ」公式サイト /http://www.smurf.com/smurf.php/www/home/en
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集