映画(258 ページ目) | アニメ!アニメ!

映画(258 ページ目)

HOT TOPICS

HOT TOPICS

新作テレビ

『風の谷のナウシカ』米国公開へ 画像
ニュース

『風の谷のナウシカ』米国公開へ

 米国のジブリ作品の情報サイトのナウシカネット(Nausicaa.net)によると、今年の夏に英語版の『風の谷のナウシカ』が小規模ながら米国で劇場公開される見込みだという。ナウシカネットによると、これはディズニーに近い筋の情報であり、近いうちに追加情報があるとし

ハウルの動く城 韓国で300万人突破 画像
ニュース

ハウルの動く城 韓国で300万人突破

 Yahoo!オーストラリア&ニュージーランド版のニュースによると、韓国で公開中の『ハウルの動く城』の観客動員数が300万人を超えた。記事によると、公開から50日たった2月11日までの総観客動員数は、300万5200人になった。これは、これまでの韓国で公開された日本映画

『ベルヴィル・ランデブー』フランスアニメのポジション 画像
レビュー

『ベルヴィル・ランデブー』フランスアニメのポジション

 『ベルヴィル・ランデブー』を観てきた。『ベルヴィル・ランデブー』は、フランスのアニメーションである。正確に言えばカナダ、ベルギーとの合作なのでフランス語圏のアニメーションといえる。現在、日本で劇場公開中だが話題になることが少ない。しかし、このアニメ

ディズニーが『魔女の宅急便』を映画化 画像
ニュース

ディズニーが『魔女の宅急便』を映画化

 米国のエンタテイメント情報のオンラインマガジンVariety.comの2月3日の記事によると、ディズニーは宮崎駿監督の人気アニメで知られる『魔女の宅急便』の英語版劇場映画を計画している。ただし、これはスタジオジブリの映画のリメイクではなく、新たに角野栄子氏の原

マドンナ原作のアニメは2006年公開予定 画像
ニュース

マドンナ原作のアニメは2006年公開予定

 マドンナが原作を手掛けた絵本『イングリッシュ ローズィズ英題:The English Roses』のアニメーション化の話が進行中である。映画化の話は昨年の11月にテレビ番組のインタビューでマドンナ自身の口から語られている。原作は、4人の少女を主人公とした友情の物語であ

ディズニー映画『トロン』のリメイク? 画像
ニュース

ディズニー映画『トロン』のリメイク?

 映画情報サイトのエイガドットコムによると、1980年代初めに本格的CGアニメーションとして作られたSF映画『トロン(TRON)』のリメイクの予定があるという。情報元はバラエティ誌で、監督はチャック・ラッセルが候補に挙がっているとしている。さらに、SciFi.comによ

米国版スチームボーイ声優決定 画像
ニュース

米国版スチームボーイ声優決定

 3月18日米国公開される大友克洋監督作品『スチームボーイ』の米国版の声優が決まった。米国版のスチームボーイ公式サイトによると主人公のレイに『Xメン』や『オールモストフェイマース』にも出演しているアカデミー賞女優のアナ・パーキンが演じる。さらに、エディに

米国公開アップルシードに厳しい評価 画像
ニュース

米国公開アップルシードに厳しい評価

 1月14日より米国公開された『アップルシード』の週末の興行成績の暫定結果が米国の映画情報サイトBox Office MOJOで発表されている。掲載されているデータによると『アップルシード』は、31館で公開されてオープニングの週末配収は78,700ドル(約790万円)であった。1

キャメロン監督『銃夢』公開は2007年目標 画像
ニュース

キャメロン監督『銃夢』公開は2007年目標

 ジェームス・キャメロン監督が現在進めている木城ゆきと氏原作コミック『銃夢(英題:Battle Angel Alita)』の現状について、米国のオンラインマガジンcomingsoon.netにてインタビューに答えている。その中で、この作品の進行状況について次のようなことが明らかにな

ハウルの動く城 6月米国公開か? 画像
ニュース

ハウルの動く城 6月米国公開か?

 米国での公開に向けて交渉中と伝えられる宮崎駿監督『ハウルの動く城』が、2005年の6月米国公開に決まったのでないかとの情報がある。情報元は、海外のアニメーニュースのオンラインマガジンAnime News Networkである。それによると、映画興行情報に定評のあるオンラ

パルムの樹 米国で劇場公開 画像
ニュース

パルムの樹 米国で劇場公開

 米国の大手アニメ流通会社ADVフィルムは、なかむらたかし監督の劇場アニメ『パルムの樹』の米国での劇場公開を手掛ける。2005年1月14日にテキサス州ヒューストンのライス・シネマでのプレミア公開を皮切りに都市部を中心とした限定公開を行なう。現在、ボストン、サ

韓国アニメ ワンダフルデイズ米国公開へ 画像
ニュース

韓国アニメ ワンダフルデイズ米国公開へ

 韓国アニメーションで日本では『ワンダフルデイズ』のタイトルで知られるの『Sky Blue』が米国で劇場公開される。『Sky Blue』の米国公式サイトによると12月31日にロサンゼルスのNu Art Theaterで一週間の限定公開されるのを始め、来年の1月から2月にかけてカリフォル

実写?それともアニメ? 画像
ニュース

実写?それともアニメ?

 80年代半ばにアニメ化されたあだち充氏原作の人気コミック『タッチ』が実写映画化されるという。監督は犬童一心氏で、「世界の中心で、愛をさけぶ」でヒロインを演じた長澤まさみがヒロイン役の南を演じる。また、ビックコミックオリジナルに連載中の人気コミックで累

ピクサー、ドリームワークス相次ぐ公開延期 画像
ニュース

ピクサー、ドリームワークス相次ぐ公開延期

 米国のアニメーション業界をリードするピクサーとドリームワークスが相次いで新作の公開延期を発表した。ドリームワークスは、本年大ヒットした『シュレック2』の続編『シュレック3』の公開を当初は2006年(再来年)11月としていたが、2007年の5月に延期すると発表し

『あらしのよるに』映画化 セルアニメ復活 画像
ニュース

『あらしのよるに』映画化 セルアニメ復活

 児童文学として人気の高い木村裕一氏原作の絵本『あらしのよるに』が、TBSとセディックの製作によってアニメ化されることが決まった。『あらしのよるには』94年に発売以来全6巻の累計発行部数が180万部を超える児童文学の定番である。製作費は約4億円で、監督は『銀河

ジェームス・キャメロン監督『銃夢』映画化へ 画像
ニュース

ジェームス・キャメロン監督『銃夢』映画化へ

 米国の非営利法人NPRのニュースサイトのインタビューで、映画『タイタニック』や『ターミネーター2』などで知られる米国の映画監督ジェームス・キャメロンは、現在進めているプロジェクトは日本のアニメ、コミックで知られている『銃夢』であると語った。『銃夢』は木

アニメ映画と実写映画 画像
レビュー

アニメ映画と実写映画

 米国の大作アニメーション映画『ポーラエクスプレス』の公開後の興行収入が思わしくなく、早くもその巨額の制作費を回収出来ない可能性が懸念されている。しかし、『ポーラエクスプレス』のオープニング週末の数字は『Mr.インクレディブル』に開けられているとはいえ

CASSHERN 全米公開へ? 画像
ニュース

CASSHERN 全米公開へ?

 映画情報のオンラインマガジンall cinema onlineによると本年春に公開されて大ヒットした実写映画『CASSHERN』の配給権をドリームワークスが獲得した。記事によればゴーフィシュピクチャーズ系を通した全米主要都市での限定公開となり、契約権の中にはリメイク化権も

アップルシード全米公開は来年1月 画像
ニュース

アップルシード全米公開は来年1月

 米国のアニメーション情報のオンラインマガジンAnimation World Networkの2004年10月26日の記事によると士郎正宗氏原作の劇場アニメ映画『アップルシード』の全米公開が2005年の1月14日に決定した。近々、Geneon Entertainmentより発表されると伝えている。上映館は都

新訳『Zガンダム』は新たな名作になる 画像
レビュー

新訳『Zガンダム』は新たな名作になる

 10月17日(土)に東京ファンタステック映画祭でプレミア上映された『機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-』を観た。正直、もの凄く興奮している。予想以上の出来であった。素晴らしいと賛辞を与えるに相応しい作品だ。全てが想像を上回る完成度であった。ラストシーンのシ

実写版『AKIRA』の監督は? 画像
ニュース

実写版『AKIRA』の監督は?

 10月5日付けの映画情報オンラインマガジンのエイガ・ドット・コムによると実写化の企画が進められている大友克洋氏の『AKIRA』は、本年公開されるSFX映画『キャットウーマン』のピトフ監督が進めている。大友克洋氏が自らフランスメディアに答えたものである。  記事

東京アニメ映画際の上映作品決定 画像
ニュース

東京アニメ映画際の上映作品決定

 2004年10月23日から31日まで開催される第17回東京国際映画祭の連動企画である東京アニメ映画祭の詳細が東京国際映画祭事務局より発表された。  開催期間は10月27日(水)から29日(金)までの3日間で、開催場所はVIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ SCREEN4になる。

『逆襲のシャア』の逆襲 画像
レビュー

『逆襲のシャア』の逆襲

  先日読んでいた押井守氏の『すべての映画はアニメに変わる』の中に『シャアは富野作品の究極の悪役』という文章があった。その文章が僕の興味を惹いたのは、押井守氏と富野由悠季監督という組み合わせの意外感であった。押井氏は商業色の強い作品は嫌いなのではない

  1. 先頭
  2. 200
  3. 210
  4. 220
  5. 230
  6. 240
  7. 249
  8. 250
  9. 251
  10. 252
  11. 253
  12. 254
  13. 255
  14. 256
  15. 257
  16. 258
  17. 259
Page 258 of 259