アニメのニュース記事一覧(3 ページ目) | レビュー | アニメ!アニメ!

レビュー アニメ ニュース記事一覧(3 ページ目)

富野作品、そしてガンダムの魅力とは? 氷川竜介×藤津亮太特別対談-前編-『ガンダム Gのレコンギスタ』 画像
インタビュー

富野作品、そしてガンダムの魅力とは? 氷川竜介×藤津亮太特別対談-前編-『ガンダム Gのレコンギスタ』

富野由悠季がTVシリーズで新たな『ガンダム』を世に送り出す。『ガンダム Gのレコンギスタ』は新しい挑戦でもある。富野作品を熟知する氷川竜介さんと藤津亮太さんのおふたりをお招きし、特別対談を行った。

『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆 画像
レビュー

『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:後編 不可欠な仲間の絆

車田正美先生の代表作のひとつ『聖闘士星矢』:その魅力を印象的な戦いのシーンと人間模様から分析する第2回。物語の奥行きを作る複雑な関係 仲間の絆、敵が味方に、味方が敵に。

『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編 「少年マンガらしさ」の体現 画像
レビュー

『聖闘士星矢』の忘れられない名勝負:前編 「少年マンガらしさ」の体現

マンガ家・車田正美先生の代表作のひとつ『聖闘士星矢』。今なお、根強く多くの人の心に残る。その魅力を印象的な戦いのシーンと人間模様から分析する。

第2クールに向けて、ファンタジーと恋の間の物語 「凪のあすから」第1クール振り返り PART3 画像
ニュース

第2クールに向けて、ファンタジーと恋の間の物語 「凪のあすから」第1クール振り返り PART3

『凪のあすから』の第1クール振り返り、最後は物語の前半にあった事件を確認。そして、それが第2クールにどうつながっていくのか?1月9日以降の放送に期待だ。

“ファンタジー”と“恋愛物語” 「凪のあすから」 第1クール振り返り PART2 画像
ニュース

“ファンタジー”と“恋愛物語” 「凪のあすから」 第1クール振り返り PART2

『凪のあすから』の第1クール振り返り企画第2回は、少し入り組んだ恋愛模様をもう一度整理。これを理解すれば、第2クールもより楽しく見れるはず。

そして少年と少女は、嘘を紡ぐ― 「東京レイヴンズ」レビュー 画像
レビュー

そして少年と少女は、嘘を紡ぐ― 「東京レイヴンズ」レビュー

10月からテレビ放送を開始した『東京レイヴンズ』。人気のライトノベルを原作とした話題作だ。本作の奥に潜む物語を野口智弘さんがレビューする。

『凪のあすから』レビュー 「物語と映像のまんなかに」 画像
レビュー

『凪のあすから』レビュー 「物語と映像のまんなかに」

10月のテレビアニメ新シリーズのなかでも話題が多い『凪のあすから』。アニメ評論で活躍する高瀬司さんが、そのオープニング:第1話について語ります。

テーマはニコ動 ニコニコミュージカル第2弾は骨太な物語 画像
レビュー

テーマはニコ動 ニコニコミュージカル第2弾は骨太な物語

1月7日、東京・全労災ホール/スペースゼロにて、ミュージカル『ニコニコ東方見聞録』の舞台が始まった。本作はニコニコ動画がプロデュースする

スタン・リーと「HEROMAN」の世界 -原作者スタン・リーとは?- 画像
レビュー

スタン・リーと「HEROMAN」の世界 -原作者スタン・リーとは?-

スタン・リーと「HEROMAN」の世界 -原作者スタン・リーとは?- 文: 椎名ゆかり 主人公の少年ジョーイがロボットであるヒーローマンと一緒に地球侵略を狙う宇宙人と戦うアニメ『HEROMAN』。日本のアニメ制作会社「ボンズ」が原作にアメリカのコミックス界の御大ス

TVアニメ「HEROMAN」の見どころ 画像
レビュー

TVアニメ「HEROMAN」の見どころ

文: 藤津亮太(アニメ評論家)『ヒーローマン』。タイトルの通り、今時珍しい直球勝負の作品の登場だ。  原作は『スパイダーマン』や『X-MEN』を生み出したアメコミ界の巨匠スタン・リー。

二重の意味持つ日仏合作「オーバン スターレーサーズ」 画像
レビュー

二重の意味持つ日仏合作「オーバン スターレーサーズ」

 『オーバン スターレーサーズ』はフランス人監督の2人が、かつて子どもの頃に熱心に観ていた『未来少年コナン』や『キャプテンハーロック』といった日本のアニメの強い影響下にある。彼らは「今の時代に敢えて、それらの作品が持つ良さを子どもたちに見せたい」と言う

蘇るバイストンウェルに勝算はあるのか 画像
レビュー

蘇るバイストンウェルに勝算はあるのか

 富野由悠季監督の次回の新作アニメは、富野監督が長年に亘って描き続けてきたバイストンウェルを舞台にした『リーンの翼』である。『リーンの翼』は、1983年に富野由悠季自身の手で、小説として『月刊野生時代』に連載されたことがあった。しかし、今回のアニメはその

ガンダムは何故生き残ったのか 画像
レビュー

ガンダムは何故生き残ったのか

 5月28日に『機動戦士Zガンダム‐星を継ぐ者‐』が公開される。実に、俗に言うファーストガンダムから26年が経っている。正直、よく飽きられることもなく続いたと思う。実際、70年代から80年代に人気のあったアニメは数多かったが、ファミリー向けのアニメを除けば本当

恐るべき米国の『日本アニメのパロディアニメ』 画像
レビュー

恐るべき米国の『日本アニメのパロディアニメ』

 ヴァイアコムの子会社であるMTVが日本アニメのパロデイアニメである『Kappa Mikey』の放映権を獲得して世界放映をする。米国ではニックトゥーン、海外ではニッケルオデオンを通じての放送となる。両チャンネルは、米国の人気アニメ『スポンジボブ』の放映で知られてい

いきなり最終回 画像
レビュー

いきなり最終回

 実は、かなり前から気になっていたアニメに『ぼくの地球を守って』という作品がある。なぜに気になっていたかといえば、ラストがどうなったのか?。なぜか、全然、記憶がない。結構出来のいい作品で、CATVとかで何度か観た記憶があるのだが、なぜか前半部分しか記憶に

ガンダムSEED DESTINYの視聴率 画像
レビュー

ガンダムSEED DESTINYの視聴率

 10月2日(土)に放映開始した『機動戦士ガンダムSEED』の続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』が初回放映の視聴率で8.2%と高い視聴率で好スタートを切っている。『DESTINY』の前のシリーズに当たる『SEED』は、平均視聴率で6.0%、最高視聴率で8.0%であったか

アニメ:『巌窟王』の挑戦 画像
レビュー

アニメ:『巌窟王』の挑戦

 『巌窟王』はたぶん難しいアニメだ。難しいというのは話が難しいということでなく、どう評価していいのか判らないという意味での難しさである。

SFアニメ:プラネテス 画像
レビュー

SFアニメ:プラネテス

 20年以上前に、『機動戦士ガンダム』がSFかどうかで論争になったことがある。今となれば、作品が面白ければどっちでもいい話であった。しかし、当時は真剣かつ重要なトピックとされていた。ただ、確実にいえるのは、『機動戦士ガンダム』の監督富野由悠季監督(当時

超時空世紀オーガス02の新しさ 画像
レビュー

超時空世紀オーガス02の新しさ

 今では多くの人知られていないが、80年代人気を呼んだ超時空シリーズのとして制作された『超時空世紀オーガス』には続編があった。『超時空世紀オーガス02』である。  『オーガス02』の物語は、どこかの国のどこかの話として始まる。発掘されたロボットがアーマーと

泣かせる 平成版鉄人28号 画像
レビュー

泣かせる 平成版鉄人28号

今川泰宏監督の平成版『鉄人28号』である。 こりゃ~面白いぜ!ってな感じです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
Page 3 of 3