「スーサイド・スクワッド」日本公開 は9月10日、日本人女優が演じるヴィランも登場

ニュース

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • (c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
DCコミックスのヴィラン(敵役)たちが共闘する映画『スーサイド・スクワッド』の日本公開日が発表された。9月10日に全国ロードショーとなる。
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に続くDCフィルムズ第2弾で、バットマンやジョーカーも登場する。豪華キャラクターの競演が話題となりそうだ。

映画『スーサイド・スクワッド』はヒーローによって投獄された悪役・ヴィランの活躍を描く異色アクションである。死刑や終身刑を科された彼らは減刑と引き換えに、特殊部隊スーサイド・スクワッドへ入隊。自殺に等しい任務を強制されることになる。
場面写真では様々な能力を持つメンバーが集結した。銃の達人の暗殺者 デッドショット、司令官を務める軍人 リック・フラッグ、うろこに覆われた怪力人間 キラークロック、キュートでセクシーな狂気の道化師 ハーレイ・クイン、ブーメランで戦うキャプテン・ブーメランと個性派が揃った。
センターで存在感を放つカタナは、その名前の通り日本刀を使いこなす女ヴィランだ。彼女は日本人の女優・福原かれんが演じる。獄中で苦汁をなめたヴィランたちの史上最狂チームが、スクリーンを舞台に大暴れする。

近年はDCコミックスやマーベル・コミックのヒーロー映画が多数公開されているが、悪VS悪という世界観は珍しい。さらに『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でメインを務めるヒーロー・バットマンと、彼の最大のライバル・ジョーカーも登場する。作品の垣根を超えたヒーローとヴィランの共演に大きな注目が集まっている。
ワーナー・ブラザース映画は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『スーサイド・スクワッド』をはじめ、2020年までにDCコミック原作の映画10作品の公開を予定している。様々なタイプのアクション大作を楽しむことができそうだ。
[高橋克則]

『スーサイド・スクワッド』
2016年9月10日日本公開
配給: ワーナー・ブラザース映画
全米公開: 2016年8月5日

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集