「星野之宣の世界」神保町・書泉グランデにて開催 複製原画の展示など

ニュース

1月29日にSFマンガ家・星野之宣の画業40周年を記念した画集『星野之宣 Artworks』が小学館より刊行された。SFイラストで一時代を築いた星野之宣の画業を振り返る一冊である。
これを記念して東京・神保町の書泉グランデでは、「星野之宣の世界」を開催中だ。2月28日までの期間限定で、星野之宣作品をまとめてラインナップし、さらに複製原画の展示やプレゼントを行う。

書泉グランデの2階特設コーナーでは、画集『星野之宣 Artworks』はもちろん、これまで手がけてきた作品を網羅する。さらに複製原画も展示するから、その世界観を堪能しながら本選びも出来る。
さらに会場で『星野之宣Artworks』を購入した人の中から抽選で10名に直筆サイン入り複製原画がプレゼントされる。さらに当選者の中から3名には直筆サイン色紙も当たる。ファンに見逃せないアイテムである。

星野之宣は1954年北海道帯広市生まれ。1975年にマンガ家としてデビューし、『2001夜物語』『ヤマタイカ』『宗像教授伝奇考』などSFや民俗学をテーマにした作品を手がけてきた。これまで星雲賞のコミック部門を二度受賞し、2008年には第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞に選ばれるなど高い評価を得ている。
画集『星野之宣 Artworks』は画業40周年の集大成と言える1冊、デビュー作『鋼鉄のクイーン』から最新作『レインマン』まで多彩な作品を凝縮した。『銀河英雄伝説』など、人気小説のカバーイラストも初掲載している。A4版横長の全128ページで、星野之宣ワールドを体感できる内容となった。価格は4590円(税込)だ。
[高橋克則]

小学館『星野之宣 Artworks』発売記念ブックフェア「星野之宣の世界」
期間: 2016年1月29日~2月28日
場所: 書泉グランデ2階(神保町)

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集