ゲーム映像配信の雄「Twitch」が日本進出 日本支部にインタビュー―人気配信者になる秘訣は? | アニメ!アニメ!

ゲーム映像配信の雄「Twitch」が日本進出 日本支部にインタビュー―人気配信者になる秘訣は?

ニュース

YouTubeやニコニコ生放送などと共に、e-Sportsや人気ゲームの映像配信プラットフォームとして大きな賑わいを見せている「Twitch」。『Hearthstone』や『League of Legends』といった人気オンラインタイトルが日本に上陸し、注目を集めているなか、彼らもまた日本への展開に向けて大きく動き出しています。Game*Sparkでは、日本のe-Sportsシーンや映像配信サービスに新たな息吹を吹き込みつつあるTwitchスタッフ陣にインタビューを行い、彼らが考える今後のプラン、「日本市場での戦略」、「人気Twitch配信者になるためのヒント」までを訊いてみました。

――まずは、Twitch日本支部の皆さんの自己紹介をお願いします。

野田龍太郎氏(以下、野田)
「アール」という名前でゲーム実況者として活動していました。コミュニティーマネージャーとしてパートナーシップを結んだり、コミュニティーと面した部分を担当しています。

Eric Kotaro Inge氏(以下、Eric)
マーケティングマネージャーを担当しています。プロゲーマーや配信者ではありませんが、「コアなユーザー」だと自負してます。過去にはPC関連の仕事も行ってましたが、「趣味を仕事にしよう!」と思い立って脱サラしてここまでやってきました。

Victor Denchartphan(以下、Victor)
Twitch日本支部でディレクターをやっています。これまでには『ウルトラストリートファイターIV』のプロプレイヤーとしても活動しており、「Twitch」では「2015 Capcom Pro Tour」の支援なども行っていました。

北垣文江氏(以下、北垣)
パブリッシャーさんと関わるリレーションズマネージャーを担当しています。以前には「League of Legends Japan League(LJL)」「e-sports SQUARE AKIHABARA」立ち上げにも関わっていました。

金聖桓氏(以下、キム)
パートナーシップマネージャーとして在籍しています。私も「LJL」などの立ち上げから関わっており、日本の『LoL』プロゲーマーの活動を支援してきました。

――現在「Twitch」を使ってゲームプレイを配信/視聴している日本人ユーザーの利用状況を教えて下さい。

Eric:
ユーザー数に関しては、配信者数や放送数、視聴時間も含めて毎月急速に伸びています。最近では“シニアゲーマー”の「みやび」さんのような、これまで考えられなかったようなユニークな配信者も見られています。これまでは「ゲームのうまい人」「プロe-Sports選手」「大会」が主に人気でしたが、日本市場ではまた違ったトレンドも見えてきています。

――特に日本人ユーザーが好んで配信/視聴しているゲームタイトルはどのようなものになるでしょうか。

Victor
大まかなトレンドは世界的に見ても同じようなもので、『League of Legends』や『ストリートファイター』などが人気です。日本の場合だと他の格闘ゲームも。『鉄拳』や『ストリートファイターIII 3rd Strike』などもよく見られています。

――Twitch運営サイドとして特に注目している日本の配信者はいますか。

Victor
特にTwitchとして注目している配信者個人というのはいないのですが、今は配信者や視聴者がTwitchと触れ合う環境に注目して活動しています。

[/Game*Spark/gamespark.jpより転載記事]
《Game*Spark/gamespark.jp》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • YoutubeやAmazon/Twitch 東京ゲームショウ初出展 勢いを増すゲーム実況が国際見本市に 画像 YoutubeやAmazon/Twitch 東京ゲームショウ初出展 勢いを増すゲーム実況が国際見本市に
  • YouTube、ゲーム映像配信サービス「Twitch」10億ドルで買収か? 米業界メディアが報道 画像 YouTube、ゲーム映像配信サービス「Twitch」10億ドルで買収か? 米業界メディアが報道

特集