『アーロと少年』にKiroroの名曲「Best Friend」 日本版エンドソングが決定 | アニメ!アニメ!

『アーロと少年』にKiroroの名曲「Best Friend」 日本版エンドソングが決定

ニュース

3月12日公開のディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』。数々のヒット作を生み出してきたピクサー・アニメーションが制作だけに大きな関心を集めている。そこで描かれるのは、恐竜と人間の少年の友情だ。
そんなストーリーにぴったりの日本版エンドソングが決定した。女性二人組グループ・Kiroroの「Best Friend」が起用された。「Best Friend ~Mother Earth Version~」として新録し、エンドロールを彩る。

Kiroroの「Best Friend」は2001年6月にリリースされ、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の主題歌として注目を集めた。現在でも結婚式や卒業式の定番ソングとして幅広い世代から支持されている。
ピアノ担当の金城綾乃さんは「作品の中の豊かで美しい地球の自然風景からのイメージと、私たちも母となったので、“Mother Earth”というタイトルをつけました」と由来を語った。そして「『アーロと少年』に寄り添い日本中の大人や子供たちの心に届くように想いを込めて弾きたい」と意気込みを見せた。
Kiroroのボーカル・玉城千春さんは、15年前に喉を痛めて歌えなくなったとき仲間たちに助けられたことを振り返った。「人生の壁にぶつかった時、一人じゃないんだと感じて今まで以上の力が出ます。アーロも少年スポットと出会い成長できたように、この曲もまた成長させてもらえる。この出会いに感謝しています」と自らの想いを伝えている。
新規録音も快調に進んだ様子だ。日本版エンドソング決定に伴い、その録音の様子も公開された。ここからも二人の意気込みが伝わる。


ディズニーの担当者は今回の起用について、恐竜アーロと少年スポットが力を合わせるストーリーが「Best Friend」の歌詞とマッチしていたと理由を明かした。
ピーター・ソーン監督も「この曲は“真の友情を見つけ出し大切に育む”という映画の感動的なテーマに完璧にマッチしている。弱虫な恐竜アーロと少年スポットの間に起こった物語を思い起こさせるね」と太鼓判を押した。恐竜と人間の絆を描いた『アーロと少年』と長年愛される友情ソング「Best Friend」のハーモニーに注目したい。
[高橋克則]

『アーロと少年』
3月12日(土)全国ロードショー
(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • ディズニー/ピクサー最新作「アーロと少年」の予告は「恐怖を乗りこえること」 画像 ディズニー/ピクサー最新作「アーロと少年」の予告は「恐怖を乗りこえること」
  • 「アーロと少年」父の死という衝撃の展開が明らかに 本編映像一部を公開  画像 「アーロと少年」父の死という衝撃の展開が明らかに 本編映像一部を公開 

特集