「週刊少年マガジン」編集部、デジタルコミックス企画で義援金191万3367円寄付

ニュース

 講談社は、『週刊少年マガジン』編集部が創刊55周年を記念しておこなった企画「きふよみ!」の一環として、岩手県、福島県、宮城県の3県の東日本大震災義援金受付に対し、合計で191万3367円を寄付した。

 この夏、『週刊少年マガジン』編集部は、創刊55周年を記念してチャリティ企画「きふよみ!」を実施した。期間中(6月27日~9月4日)に『週刊少年マガジン』連載作品の電子書籍が、電子書店で有料・無料問わず1冊ダウンロードされるたびに、『週刊少年マガジン』編集部より、55周年にちなみ55銭(0.55円)を東日本大震災義援金受付に寄付するという企画。

 多くの読者にこの企画に参加してもらうため、期間中に毎週2つずつ『週刊少年マガジン』連載作品の電子書籍を無料で公開した。

 その結果、各電子書店で『週刊少年マガジン』連載作品の電子書籍は有料・無料あわせ347万8848ダウンロードされ、寄付の合計金額は、ダウンロード数に0.55円を乗じた191万3367円となった。寄付金は各県に63万7789円ずつ、11月21日に寄付された。

『週刊少年マガジン』編集部が義援金191万3367円を寄付

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集