NHKに復興支援の新アニメ「花は咲く東北に咲く」 音楽:菅野よう子、歌:高畑充希

ニュース

 2014年1月よりNHKが展開中の東日本大震災・復興支援キャンペーン「花は咲く東北に咲く」。「どーもくん」と英語アニメ「リトル・チャロ」の主人公「チャロ」の“ふたり”が東北を旅して、その魅力を伝える。

 どーもくんとチャロの旅が5分のアニメ—ションになって、9月8日から放送が開始される。今回は“ふたり”が不思議な少女と出会い、3人で東北を巡る。アニメーションの世界に三次元のどーもくんが溶け込んでいる演出が見どころだ。

 また、本作品の制作に際して NHK復興支援ソング「花は咲く」の新バージョンが完成。作曲家・菅野よう子によるアップテンポなアレンジと女優・高畑充希の歌声によって新しい「花が咲く」が誕生した。

 この2人の出会いは、 NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』。主人公・め以子の義理の妹、西門希子を演じた高畑は、菅野が作曲した劇中歌「焼氷有りの唄」を歌った。高畑の歌唱力と表現力を気に入った菅野がラブコールを送り、コラボレーションが実現したという。

 高畑は「『花は咲く』は、歌詞もメロディも聴く人によってさまざまな捉え方ができる楽曲なので『これを伝えなければ』と気負わずに、大らかな気持ちで歌うことができました。耳にして下さった方が、何かを感じとってくれたらうれしいです」とコメント。高畑は作品に登場する“不思議な少女”のアフレコも担当している。

<あらすじ> どーもくんとチャロが東京の雑踏で出会った少女。「あの日」以来、お家に帰れなくなってしまったのだという。突如現れた花列車に三人は乗り込むが、待ち受けていたのは猛烈な嵐だった。

「花は咲く東北に咲く」5分アニメ放送……劇中歌「花は咲く」を高畑充希

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集