『機動戦士ガンダムUC』の始まりから終わりまで 古橋一浩監督、サンライズ小形尚弘プロデューサーインタビュー 前編

インタビュー

『機動戦士ガンダムUC』episode 7 「虹の彼方に」が2014年5月17日から、【イベント上映】【Blu-ray 先行販売】【先行有料配信】で同時スタートした。本作は2010年からスタートした、新たなる「宇宙世紀」を描いたシリーズの最終章となる。『ラプラスの箱』を巡る壮大な物語も、ここで決着を迎える。
このタイミングで、スタート以来、本作の制作に携わってきた古橋一浩監督、そしてサンライズ小形尚弘プロデューサーに『機動戦士ガンダムUC』について伺った。作品の始まりから、episode 7「虹の彼方に」までについて語っていただいた。

『機動戦士ガンダムUC』
公式サイト / http://www.gundam-unicorn.net/

■ アニメ企画、始まりの頃

――『機動戦士ガンダムUC』に監督が関わったきっかけから教えていただけますか?

古橋一浩監督(以下古橋)
当時仕事をしていた吉祥寺のスタジオの机の上に『ガンダムUC』の小説の1、2巻が置いてありました。
で、国分寺の喫茶店で、小形プロデューサーからお話を聞かせていただきました。これが2008年の春先でした。

小形尚弘プロデューサー(以下小形)
6年くらい前『ガンダムUC』の監督を探していたのですが、福井(晴敏)さんの小説があり、それからアニメーションにするわけですので、翻案の理解度が高い監督、演出のかたを考えていました。
『ガンダム』に対するマニアックな部分は福井さんが消化されているので、逆に『ガンダム』に造詣が深いというよりはシナリオでフォローしていただける監督として候補を出させてもらったなかのひとりが古橋さんでした。
お会いして話をした時のことはよく覚えています。OVAということもあって、お客さんのターゲットを今までのアニメーションよりも上に絞りたい。そこに向けてつくりたいという話をしました。

――人気の高いOVA『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を作られた古橋監督で、しかもガンダムシリーズですからファンの期待値はとても高かったと思います。プレッシャーは感じられましたか。

古橋
プレッシャーはなかったです。それは『るろうに剣心』の時も同じでした。
完全オリジナルだったらプレッシャーはあったかもしれませんね。でも小説があり、それをどう翻案するかなので、作り方で迷うことはないだろうって。

――小説を映像に落としていくのは、なかなか難しい作業だと思います。もちろん呎の長さが決まっていますし、OVAの本数も限りがありますが?

古橋 
1時間ドラマの作り方をしたいとかで、最初は1本40分くらいとの話だったよね。

小形
ガンダムのOVAを40分×4本制作するのがスタジオワークとしては限界だと思っていました。ただ当然、それでは収まりきりませんでした。

古橋 
TVの1時間枠だとCMがありますから、実際は40分ちょっとなんです。まずはその枠ありきでした。

――当初はこじんまりとはじまったプロジェクトとの印象があります。ここまで大きなシリーズになることは予想されていました?

古橋 
全く予想してないです。予知能力とか全然無いオールドタイプですから。

fd

――6年間という時間は辛いものでしたか、それとも楽しいものでしたか?

古橋 
メカは面倒だし、設定は多いし、トラブル続くし、ひたすら辛かったです。

小形 
ところどころ楽しいところもありましたが、大体は辛いです。
毎回、できたときは一瞬楽しいんです。でも、すぐに次が始まっているので感慨深いものはなくそのまま次にいきました。

古橋 
ひとつ終わったら、もう次が押している。当初は1年に2本は死守しないとね、と話していましたから。

――6年間かけたものが、いま終わったのですが、ぽっかりと心のなかに穴が空いているということはありますか?

古橋 
いや全然。ストレスから解放されて太りました。

小形 
みんなに言われるんですけど、ないですよね(笑)。

古橋 
でも『ガンダムUC』に限らないけど、作り終わらない夢はずっと見るんです。やり残したことがボロボロ出てくるような。

――夢のなかではまだ作り続けていると。

古橋 
時間に追われ続ける仕事なんです、寝ても覚めても。

――プロデューサーも?

小形 
見ますよ。終わって1、2週間は。リテイクが直らない夢を…。

古橋 
原画マンだった昔の頃にも戻って見ますね。「あの作品打ち合わせやったけど、半年くらい手を付けていない、どうしよう?」そんな嫌な夢を延々と30年間見ていますから、いつもと同じです。(笑)

fd

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集