ボカロファンの会員制サービス「ボカロネット」、ヤマハが提供 VOCALODUCERも一般開放

ニュース

ヤマハが7月より会員制クラウドサービス「ボカロネット」の提供を開始する。ボカロネットでは、ボーカロイドに関連する様々なサービスを会員に無料で提供する。
歌詞だけで曲が作れる自動作曲機能VOCALODUCERやVOCALOIDアプリ間の連携に役立つクラウドストレージなどである。VOCALOIDでの楽曲制作に役立つ機能を無料で活用してもらことで、ボカロカルチャーを育てあげる。

特にVOCALODUCERの利用は朗報だ。これまでは法人にだけ利用が限られていた。VOCALODUCERは楽曲づくりをするカンタンモードとノーマルモードの2つのモードが盛り込まれている。
カンタンモードでは、テキストボックスに歌詞を入力し、好みの曲調や歌声を選択するだけで伴奏と歌声からなる楽曲ができる。一方、ノーマルモードはメロディのテイスト、伴奏のジャンル、伴奏のスタイル、テンポ、コード進行などこだわりの条件を細かく指定して作曲できる。
これまでVOCALOIDは音源のみで、作曲はCubase(キューベース)など別途DAW(デジタルオーディオワークステーション)関連の音源や機材が必要であった。それだけに、伴奏の指定までワンパックになったサービスの一般開放は嬉しい。

ボカロネットは無料会員はボカロストレージの容量が500MBであるが、月額500円(税抜)のプレミアム会員では5GBに増量される。さらにVOCALODUCERの機能のアップグレードによって、より便利な機能を利用できる。最大利用回数・歌声の種類・伴奏音源・作曲できる小節数の増加、伴奏 MIDIファイルのダウンロードなどバリエーションが豊富だ。
4月26日、27日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議3」の「超ボーカロイド感謝祭」エリアにて、「ボカロネット」の機能の一部を体験できるブースが設けられる。ここを訪れるのもいいだろう。
[真狩祐志]

「ボカロネット」
/http://www.vocaloid.com/vnteaser/
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集