WOWOW「超時空要塞マクロス」特集 無料の日に河森正治監督インタビュー放映 | アニメ!アニメ!

WOWOW「超時空要塞マクロス」特集 無料の日に河森正治監督インタビュー放映

ニュース 話題

プレミアチャンネルのWOWOWは、8月と9月の2ヵ月間、『超時空要塞マクロス』30周年記念としてテレビシリーズ全36話のハイビジョン版を初放送する。1982年の放映の際に、アニメファンに衝撃を与えた本作がより鮮明な画像になって届けられる。
放映はお盆を中心とした1週間8月12日から16日までの5日間、まず第27話「愛は流れる」までを放映する。さらに28話以降、最終回となる36話までを9月に放映する。

この放映に先立ってWOWOWは、8月3日の無料放送スペシャルで、本作の1時間特別番組を放送する。第1話の先行無料放送をするほか、河森正治監督のインタビューを紹介する。
河森正治監督は、戦闘機が変形して人型ロボットになるバルキリーのデザインを生みだしたことでよく知られる。また、『超時空要塞マクロス』のテレビ放映時は22歳で脚本、絵コンテ、演出、作画に携わった。そして、石黒昇さんと共に同劇場版の共同監督に抜擢されたのは、若干24歳だった。インタビューでは、河森正治監督が制作当時について振り返る。放映は18時40分から、マクロスファン必見だろう。

この放映にあわせてWOWOW渋谷ステーションで、プロモーション企画として超時空要塞マクロス展を開催する。マクロスシリーズを紹介するパネル展示、ジオラマ・プラモデル展示をするほか、記念撮影サービス、さらに『超時空要塞マクロス』第1話を上映し、30年を経ていまだ色褪せない作品の魅力を振り返る。
開催期間は、2013年8月13日から9月29日まで、平日は11時から13時半、土日は11時から19時までとなる。入場は無料だ。
『超時空要塞マクロス』は、マクロスシリーズの原点であると同時に、その後のロボットアニメに多大な影響を与えた。今回はそんな傑作アニメをあらためて振り返るチャンスともなる。
また、WAOWOWでは、“アニメに出会う60時”と題してこのほかにも特集プログラムを組む。“アニメーション監督 今 敏”では、今 敏監督の全映像作品を完全放送する。“東映まんがまつり!”、“杉井ギサブローの世界へ冒険に出よう!”“アニメーションムービー大集合”などだ。

アニメに出会う60時
/http://www.wowow.co.jp/anime/60/

超時空要塞マクロス展
2013年8月13日(火)~9月29日(日)
会場: WOWOW渋谷ステーション
営業時間: 平日11:00~13:30 土日:11:00-19:00
入場料: 無料
/http://www.wowow.co.jp/shibusta/schedule/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 河森正治総監督監修「マクロスF ゼントラ盛り Blu-ray Box」発売 全25話をデジタルリマスター 画像 河森正治総監督監修「マクロスF ゼントラ盛り Blu-ray Box」発売 全25話をデジタルリマスター
  • 河森正治総監督「ノブナガ・ザ・フール」 Live Voice出演に宮野真守、日笠陽子、櫻井孝宏発表 画像 河森正治総監督「ノブナガ・ザ・フール」 Live Voice出演に宮野真守、日笠陽子、櫻井孝宏発表

特集