累計発行部数が50万部を突破、話題を集める異色のグルメマンガ『花のズボラ飯』が、TBSとMBSでテレビドラマ化される。この10月より深夜枠で放映される。
このほどこの主人公役の女優が決定した。主役を演じるのは、NHKの連続テレビ小説『ウェルかめ』で脚光を浴び、『Mother』、『名前をなくした女神』などでも印象を残した倉科カナさん。民放の連続ドラマへは、これが初主演となる。

主演の倉科さんが扮するのは、主婦の駒沢花である。美味しいものが大好きで部屋の片付けの苦手な彼女が、愛する夫が単身赴任したのをいいことに、日々の生活を、ひとりで作ってひとりで食べる、簡単なお手軽料理で乗り切っていく。
原作は『孤独のグルメ』で大ブームを起こした久住昌之さん。漫画を担当する水沢悦子さんのチャーミングな絵柄も人気の理由だ。「このマンガがすごい!2012年版オンナ編」(宝島社刊)で第1位を獲得するなど原作の評価は高く、花が作るズボラな料理のレシピ本も出版されている。

倉科カナさんは、「今回のお話を聞き、原作である漫画を拝読いたしました。主人公である花ちゃんのズボラな部分の中にある、こだわりであったり、ズボラの中にある繊細さをどう演じていけるか楽しみですし、出来るかぎり柔軟に楽しみながら演じられたらと思ってます。漫画で描かれているズボラ飯が実写化になると、どんなズボラ飯になっていくかを是非楽しんでいただきたいです」と、演技への抱負を語っている。

テレビドラマ『花のズボラ飯』の放送スケジュールも、あわせて発表された。第1話は、TBSでは、10月23日より、毎週火曜日深夜0:55~1:25放送、MBSでは、10月25日より毎週木曜深夜0:55~1:25放送となる。
[多摩永遠]

ドラマ『花のズボラ飯』
公式サイト http://www.hanano-zuborameshi.jp/
TBS 10月23日(火)スタート 深夜0:55~1:25
MBS 10月25日(木)スタート 深夜0:55~1:25

原作: 久住昌之
漫画: 水沢悦子(「エレガンスイブ」連載中/秋田書店刊)
演出: 湯浅典子、深迫康之
脚本: オークラ、ほか
制作: テレバイダー・エンタテインメント
製作: 「花のズボラ飯」製作委員会2012
放送局: MBS、TBSほか《animeanime》