映像制作のロボットとTOHOシネマズが手を組んだ脱力系ショートアニメ『紙兎ロペ』が、2012年に映画化される。8月17日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された『紙兎ロペ』第2弾DVD発売記念イベントにて内山勇士監督から発表され、来場者を驚かせた。
 監督によれば、映画化は皆さんの応援のおかげとのことだ。映画化決定発表では、会場からは大きな拍手が起きると同時に、「これをどうやって映画化するの?」との声も。2012年公開のその映像に注目だ。

 『紙兎ロペ』は、ロボットとTOHOシネマズが共同でスタートしたコンテンツ開発プロジェクト「Gift Movie」の第1弾である。映画やCM 、アニメーションと幅広い映像分野で活躍、アカデミー賞受賞作「つみきのいえ」を創り出したロボットが、地元をこよなく愛する高校生 紙兎ロペと超テキトーな紙リスのアキラ先輩の2人が映画館に行くまでの珍道中を描く。
 作品はTOHOシネマズの全国32劇場約358スクリーンの上映の幕間で披露されている。上映開始後、『紙兎ロペ』は多くのファンの心を捉え2010年にDVD化、さらにその好評から第2弾の発売も決定した。未公開作品7本を含む豪華版が、9月17日から全国のTOHOシネマズ劇場限定で発売される。

        kamiusagishinoda13.JPG

 8月17日のDVD発売記念イベントには、内山勇士監督、青池良輔監督のふたりにアキラ先輩の姉役として声優に初挑戦した篠田麻里子さんも登壇し、華やいだものとなった。
 篠田さんが演じたアキラ先輩のお姉さんはしっかりものの紙リスだが、いつもだらしない弟の尻ぬぐいをさせられちょっぴりイライラぎみというキャラクター。

 今回の収録について篠田さんは「実際に声優をやってみると、強弱をつけるのが意外に難しいんですよね」初挑戦の声優に悪戦苦闘だった様子だ。
 しかし、最後には「完成したアニメを改めて観たときにクスッと笑える、すごく楽しい感じになりました。声優初心者としては上出来だったと思います」と満足の行く出来となった。
 さらに内山監督が映画版の制作に既にとりかかっていると話すとアキラ先輩の姉役はあるの? と質問も。すると「あります! 篠田さんにぜひ出演していただきたい」と監督からラブコールが贈られた。2012年の映画版『紙兎ロペ』からも目が離せない。  

『紙兎ロペ』
http://giftmovie.jp/

『紙兎ロペ』第2弾DVD 
9月17日より全国のTOHOシネマズ劇場限定発売
販売元: 東宝   発売元:ロボット
価格: 2800円(税抜)  《animeanime》