「ダンガードA」がDVDに 東映ロボットガールズにも参入

ニュース アニメ

 1977年から78年まで、フジテレビ系でテレビ放映された『惑星ロボ ダンガードA』が、DVD化されることになった。1970年代の人気ロボットアニメが映像パッケージで帰ってくる。
 『惑星ロボ ダンガードA』は、『UFOロボ グレンダイザー』の後番組として日曜19時のゴールデンタイムで放送された。原作に松本零士さん、協力に小林檀さんというスタッフを中心に、SFロボットにスポ根の要素を加えた意欲作である。
 主人公一文字タクマは、仮面の男キャプテン・ダンに鍛えられながら宇宙パイロットの訓練を受ける。そして、希望の星プロメテを目指すなか、やがてドップラー総統軍団が率いるハーケン特別攻撃隊との一大攻防戦を迎える。DVDは全5巻各10290円(税抜)、8月5日に第1巻、以降毎月1巻を発売する。

 さらに東映まんがまつりで公開された劇場版2作品も初DVD化される。『惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団』と『惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦』の2本を収録したDVDは3990円(税込)、8月5日発売である。
 注目したいのはオジリナルストーリーの『ダンガードA対昆虫ロボット軍団』だ。『網走番外地』、『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』でカルト的な人気を誇る石井輝男さんが共同演出に参加する。テレビ版と比べてかなり異色な展開が必見である。

        dangard3.jpg
        (C)松本零士・東映アニメーション

 また、DVD発売記念したスペシャルな企画も行われる。2010年の『超人戦隊バラタック』DVD発売時に活躍したキャラクター 東映ロボットガールズが再び登場する。キャラクター達がナビゲーター役としてDVDをプロモーションする。
 そして新たに『惑星ロボダンガードA』をモチーフにした新キャラクター ダンダンも加わる。4人の少女となる。今回は、ダンダンと「ガイキング」をモチーフとしたガイちゃん、「ガ・キーン」をモチーフとしたガッキー、「バラタック」をモチーフとしたバラたんが活躍するパイロットフィルムも制作された。いよいよ東映ロボットガールズがアニメとして動き出す。

        danagrd1.jpg
        (C)東映アニメーション(C)松本零士・東映アニメーション

        dangard2.jpg
左からキャラクターの声優を演じる辻あゆみさん、高岡香さん、合田彩さん、佐藤聡美さん

東映ロボットガールズ研究所 公式サイト 
/http://www.toei-anim.co.jp/sp/robotgirls/

TVシリーズ「惑星ロボ ダンガードA」 全56話単巻DVD
発売元: 東映アニメーション 販売元: 東映・東映ビデオ
全5巻/各10290円(税抜)
Vol.1 2011年8月5日発売
Vol.2 2011年9月21日発売
Vol.3 2011年10月21日発売
Vol.4 2011年11月21日発売
Vol.5 2011年12月2日発売

劇場版「惑星ロボ ダンガードA THE MOVIE」  2011年8月5日発売
販売元: 東映 発売元: 東映アニメーション・東映ビデオ
本編51分(予定)/3990円(税込)
[収録作品]
「惑星ロボ ダンガードA 対昆虫ロボット軍団」(1977年7月公開/25分予定・シネスコ)
「惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦」(1978年3月公開/26分・シネスコ)
※ TV版第44・45話再編集ブローアップ版

[キャスト]
神谷明、柴田秀勝、富田耕生、八奈見乗児、大竹宏、古川登志夫、吉田理保子、山田俊司、田中崇、杉山佳寿子
《animeanime》

特集