「ベイブレード」世界大会 2012年3月カナダで開催 | アニメ!アニメ!

「ベイブレード」世界大会 2012年3月カナダで開催

ニュース 海外

 タカラトミーが世界に送り出す対戦型玩具ベイブレードの世界大会(The World BEYBLADE Championship)が、2012年3月25日にカナダのトロントで開催される。ベイサイドに誕生するコーラス・エンタテインメント(Corus Entertainment)の新社屋を会場とする。同社はベイブレードの国際共同プロジェクトに参加するニルバナ・エンタプライズの親会社で同国を代表する大手メディアコングロマリットである
 ベイブレードは海外では国際共同プロジェクトにより展開されている。日本のタカラトミー、ディーライツ、米国の玩具会社ハズブロ、そしてニルバナ・エンタプライズの4社が進める。本大会も4社の協力により行われる。

 2008年にリバイバルスタートして以来、ベイブレードの海外大会は2010年にソウルでアジア大会が開催されている。本年夏もアジア大会が予定されているが、それ以外の地域を含めた世界大会は今回が初となる。
 今後2011年下半期から世界40ヶ国以上で予選大会が行われ、世界大会への進出者を決定する。世界一を巡って熱い戦いが繰り広げられることになる。
 ベイブレードは2008年に復活、日本をスタートにアジア各国で人気を獲得した。2010年からはヨーロッパ、北米地域でも展開、関連玩具が品薄になる程の人気だ。世界の広い地域に広がったことから、今回の世界大会実施につながったようだ。

 ベイブレードは1999年に日本の伝統玩具「ベーゴマ」をもとに開発されたハイテク玩具である。最初の展開では世界55ヶ国で累計1億6000万個を販売するメガヒットとなった。
 現在の展開は2008年にあらためて「メタルファイトベイブレード」としてスタートしたものだ。同時にテレビアニメ『メタルファイトベイブレード』シリーズも展開している。当初からクロスメディア戦略がとられ、こちらも大ヒットとなり現在に続いている。また、スタート当初より国際的なアライアンアスが組まれ、海外市場も視野に入れたビジネス戦略となっている。

ベイブレード(グローバルサイト) /http://www.beybladebattles.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集