2011年に日本を代表する特撮シリーズふたつが、大きな節目を迎える。仮面ライダー誕生40周年とスーパー戦隊シリーズ35作だ。このふたつの節目を記念して、東映と日本コロムビア、エイベックス・エンタテインメントの3社は、音楽を中心とした記念プロジェクトを立ち上げた。「スーパーヒーローミュージックスタジオ」である。
 「スーパーヒーローミュージックスタジオ」は、注目が高まっているヒーローミュージックに特化した定期ライブを行う。11月29日にはこの第1回目前夜祭イベント「スーパーヒーローミュージックスタジオ」VOL.0がパセラリゾーツ グランデ渋谷で行われた。

 ステージにはまずスーパー戦隊サイドより、Project.RのメンバーNobさん、高取ヒデアキさん、谷本貴義さん、高橋秀幸さん、YOFFYさんらが参加。ゴセイジャーから始まり、ハリケンジャー、ボウケンジャー、ゲキレンジャー、ゴーオンジャー、シンケンジャーなど人気作品の楽曲が次々に飛び出した。
 熱気に溢れる中でスタートし、10曲ノンストップで1時間。会場を埋めた特撮ファン250名は、戦隊シリーズに相応しい熱い盛り上がりを見せた。

ridergirls.jpg 続く仮面ライダーサイドからは、今回新たに結成された仮面ライダーガールズが登場。仮面ライダーガールズは仮面ライダーの擬人化アイドユニットで、メンバー5人のコスチュームはそれぞれのライダーキャラクターの特徴が反映されている。
 吉住絵里加さんが電王、安田奈央さんがブレイド、井坂仁美さんがオーズ、廣川由里香さんが龍騎、名倉かおりさんがキバをそれぞれ模している。初のお披露目はそれぞれのライダーとともに登場で、雰囲気を盛り上げる。5人は「恋のライダーキック」や「ハートの変身ベルト」などの楽曲でお披露目を飾った。
 ユニッットメンバーは、現在は5名だが、仮面ライダーシリーズの歴史は40年あることから今後も更なる新メンバーの追加を予定しているという。今後の定期ライブで、さらに活躍の場を広げるかもしれない。

仮面ライダーGIRLSオフィシャルサイト http://kamenridergirls.jp/
仮面ライダーavex SOUND WEB http://mv.avex.jp/rider_sound/

[仮面ライダーガールズ コメント]

吉住絵里加さん
「ほんとうにデビュー出来ると思っていなくて、すばらしいステージに出られて嬉しかったです。これからも練習して頑張ります。」

安田奈央さん
「メンバーと楽曲を作ったり、ダンスの練習をしたり、みんあと一緒にがんばってきました。もっと勉強してがんばりますので、応援よろしくお願いします。
すごく緊張してましたが、楽しみが上回ってきました。お客様が踊ってくれたり、かけ声をかけてくれたりしてくれてとてもうれしかったです。とても楽しかったです。」

井坂仁美さん
「デビューーする実感がなかったけど、時間が近づくにつれて不安も緊張もまして来たけど、いざステージにたつとお客さんが暖かくて、盛り上げてくれて楽しさがまして最高にうれしかったです。」

廣川由里香さん
「前の日は本当に緊張して寝れなかったです。当日も緊張しっぱなし不安でした。
でも、ステージの上にたって、全力を出し切る事ができました。ありがとうございました。」

名倉かおりさん
「すごく不安が大きかったのですが、ステージに立って、お客さんの顔を見ていたら、楽しくなってきて、「キバ!」って声をかけてもらえて、ファンの人たちから応援してもらえてとても嬉しかったです。これからも頑張りますので、応援よりそいくお願いします。」

       ridergirlsxrider.jpg

       ridergirls2.jpg
写真左より
名倉かおり(19)、吉住絵里加(18)、廣川由里香(20)、井坂仁美(18)、安田奈央(20)
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
写真 東京都渋谷区 パセラリゾーツ グランデ渋谷 《animeanime》