「押井守と映像の魔術師たち」7/16~八王子で 押井×西尾講演会も | アニメ!アニメ!

「押井守と映像の魔術師たち」7/16~八王子で 押井×西尾講演会も

ニュース イベント

 7月16日から9月5日まで、八王子市夢美術館にて特別展「押井守と映像の魔術師たち」が開催される。展覧会は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『イノセンス』などを通じて、世界的に高い評価を受ける押井守監督の作品世界を制作の技術的な側面から探るものになる。
 監督がこれまで手がけてきたアニメ、実写、CG作品を監督とその現場スタッフ(映像の魔術師たち)の仕事からフォーカスする。展覧会では、監督の直筆絵コンテや現場のスタッフによる設定画、原画、取材資料、さらに作品制作の過程で使用された小物やプロモーション用の造形物も展示する予定だ。

 押井守監督は数々のアニメ映画のほか、『Avalon』や『ASSAULT GIRLS』などの実写映画、愛知万博に出展された「めざめの方舟」の総合演出といった多才な活動で知られている。
 これまでそうした作品の内容は多く語られて来たが、今回はその世界観を支える技術や美術を取り上げることが注目される。こうした角度から押井作品の細部のこだわりや創作の背景に迫ることになる。押井作品の理解を深めるうえで、貴重な展覧会になる。

 また、会期中には特別展に合わせた押井守講演会を開催する。講演会には押井守監督のほか、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』のキャラクターデザイン、総作画監督を務めたアニメーター西尾鉄也さんが出演する予定である。映画制作についての濃い内容が期待出来そうだ。
 講演会は無料だが、事前でハガキによる申込みが必要となる。応募者の中から抽選で260名が参加出来る。
 
八王子市夢美術館 /http://www.yumebi.com/

「押井守と映像の魔術師たち」
会期: 平成22年7月16日~9月15日 (会期中無休)
会場: 八王子市夢美術館
観覧料金: 一般 500円 小学生以上の学生及び65歳以上 250円
団体割引あり、毎週土曜日は小中学生無料
主催: 財団法人八王子学園都市文化ふれあい財団
監修: 押井守
特別協力: バンダイビジュアル、Production I.G、DEIZ、バルク、モーターライズ、水野プロダクション、八八粍
企画協力: スタジオタック
協力: 講談社、中央公論社、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、東北新社、角川書店、徳間書店他 (順不同)

押井守講演会
*事前申込が必要です
日時: 8月13日 18時~19時半(17時半会場)
会場: いちょうホール・小ホール
出演者: 押井守、西尾鉄也
定員: 260名(抽選) *自由席
申込方法:
往復はがき(1人1枚2名まで)に住所・氏名(2名希望の場合は同伴者名も)・電話番号・「講演会希望」と明記のうえ返信面に宛名を書いて美術館へ郵送。
応募締め切りは7月23日(当日消印有効)
*出演者は変更になることがあります。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集