「サマーウォーズ」毎日映画コンクール受賞「時かけ」に続く

ニュース アワード/コンテスト

SW-BD.jpg 劇場アニメ『サマーウォーズ』が、また大きな賞に輝いた。日本で最も長い歴史を誇る映画祭のひとつ毎日映画コンクールは、アニメーション映画賞に細田守監督の『サマーウォーズ』を選び出した。細田監督の作品としては3年前の同賞となった『時をかける少女』に続くものとなる。2作連続受賞の快挙だ。
 『サマーウォーズ』は、既に第13回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞受賞、第24回デジタルコンテンツグランプリ 経済産業大臣賞受賞と国内ふたつの大型賞を獲得している。今後3月に発表される東京アニメアワード、日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞での活躍も期待されそうだ。

 また、昨年のシッチェス国際映画祭の最優秀アニメーション賞の受賞、ロカルノ国際映画祭のオフィシャルセレクションに続き、海外での作品の活躍も広がっている。2月10日から開催されるベルリン国際映画祭のジェネレーション部門への公式出品が既に発表されている。さらにフランスやシンガポールでも劇場公開が決まるなど、海外での注目も増している。
 一方、3月3日の『サマーウォーズ』の映像パッケージの発売も近づいており、こちらも盛り上がりを見せそうだ。深く作品世界を知りたい人に向けたBlu Ray Discは税込み10290円、より手軽なDVDは税込み5040円、いずれも特典ディスクがセットされる。発売元のVAPによれば予約は絶好調とのことである。劇場興行、映画賞、海外に続いてこちらでも大きなムーブメントを起こしそうだ。

 毎日映画コンクールは1935年にスタートした映画賞で、キネマ旬報ベスト・テンと並び、長年日本の映画シーンを支えてきた。特に1962年に設けられた大藤信郎賞は日本で最も古いアニメーション賞として知られている。さらに1989年には、アニメーション映画賞が新たに設けられている。現在は、映画の総合的な評価としてアニメーション映画賞、アニメーション表現の革新性を評価する大藤信郎賞と住み分けている。
 今回、大藤信郎賞は中田秀人監督の『電信柱エレミの恋』が選ばれた。受賞にあたっては、「立体アニメ表現の完成度に対して」と付されている。長編作品の制作に非常に手間がかかることで知られるストップモーション・アニメーションで45分もの大作を創り上げ、発表当時、アニメーション界に大きな驚きを与えた作品である。その映像表現の驚きが、今回の受賞につながった。

 毎日映画コンクールの授賞式は、2月8日川崎のミューザ川崎シンフォニアホールで開催される。授賞者のほか一般招待客も招く。また、東京交響楽団が祝賀演奏を行うなど、授賞に相応しい華やかなイベントとなる。
画像:  (c)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

毎日映画コンクール /http://mfablog.jugem.jp/ 
《animeanime》

特集