細田守@シンガポール 劇場版ハルヒ監督の話もあった

イベント・レポート

 細田守監督による『サマーウォーズ』は、今夏の大ヒット映画だ。しかし、常夏の国シンガポールでは、その夏はこれから始まる。2010年1月の『サマーウォーズ』劇場公開が決定したシンガポールで、細田守監督によるふたつの異なったトークが行われた。
 ひとつは11月20日に、アニメーション・アジアコンファレンス(Animation Asia Conference:AAC)2009で行われたアニメビジネスの関係者に向けたもの、もうひとつは11月21日のアニメ・フェスティバル・アジア(Anime Festival Asia:AFA)2009でのファン向けのトークイベントである。

hosoda-kantoku.JPG AACでは「Insight into creatinng animation blockbusters」と題して、映画監督としての側面にスポットをあて、AFAは『サマーウォーズ』の映画紹介が大きく取り上げられた。
 しかし、聴衆やテーマの違いはあるものの、細田守監督の語り口はほとんど変わることがない。日本のトークイベントでもしばしば見られる、穏やかにして多弁な細田節が繰り広げられる。映画のテーマである家族とのつながり、日本の田舎の大家族というドメステックなものが海外に向かって広がって行くことの喜びが語られる。

 海外のイベントは日本のイベントと異なり、会場やファンからの質問の時間が多めに設けることが多い。そうした中には、国内ではあまり語られなかった意外なエピソードが語られることも少なくない。
 今回はAFAで次回作の予定について質問があった時に、こうした意外なエピソードが紹介された。それは細田監督に、劇場版『涼宮ハルヒ』シリーズの監督のオファーがあったという話だ。監督は申し出に対して「やりたい」と言ったけれども、結果はやらせてもらえなかったとのことだった。

 そして、実際の次回作について細田監督は、「次の作品は既に動いている」と既にスタートを切っていることを明らかにしている。そのうえでキャラクターについては貞本義行さんと一緒にやりたいと、さらに脚本は『サマーウォーズ』と同じ奥寺佐渡子さんと語った。次回作でも、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』と同じスタッフ陣が目指される。
 これについて細田監督は、同じメンバーでやっていてもだんだん違う映画になって行くとし、同じチームを組むことで作品がより進化して行くことを期待しているようだ。一方、テレビ番組については、「やりたいけれど、今は映画」とし、当面のスケジュールには挙がってないという。

hosoda-kantoku2.JPG 細田監督の海外での活動はこれまでも少なくない。今年はスイス・ロカルノや韓国、今回のシンガポールなどだ。こうした海外活動は、単なる映画の宣伝だけには終わらない。
 今回のAFAのトークでは、前作『時をかける少女』がアート系の作品の多いアヌシー国際アニメーション映画祭で賞を受賞した時の喜びを語っている。そして、映画祭やコンベンションには影響受けており、海外での交流は新たな創作活動につながるとの認識を示した。ドメステックな世界を描きながら、世界に受け入れられる細田守監督の秘密の鍵はここにありそうだ。

アニメーション・アジアニメ・フェスティバル・アジア(Anime Festival Asia:AFA)2009
アジアコンファレンス2009(Animation Asia Conference)2009
/http://www.afa09.com/aac.html
《animeanime》

特集