「テニスの王子様」ミュージカルDVD 累計出荷本数50万枚突破

ニュース 映画/ドラマ

 人気マンガをミュージカル化し大ヒットとなっている「ミュージカル『テニスの王子様』」のシリーズ関連DVDの累計販売本数が、50万本を突破した。ミュージカルの企画と関連DVDの発売を行うマーベラスエンターテイメントが明らかにしている。
 6月23日に発売された最新作「ミュージカル『テニスの王子様』 The Treasure Match 四天宝寺 feat. 氷帝Ver.5代目青学VS四天宝寺B」によりシリーズ累計50万本の出荷を突破、今回の大記録の樹立となった。

 「ミュージカル『テニスの王子様』」は、マンガ家許斐剛さんの原作を基に2003年にスタートした。原作のキャラクターを生身の人間で再現することをコンセプトとしている。演じる役者の魅力も加わり、マンガやアニメとは異なる独自の世界を築き大きな人気を博している。

 作品は2003年から現在まで、ミュージカル本公演13タイトル、年1回のコンサート「Dream Live」を6回開催するなどビッグビジネスに成長している。また、マンガやアニメのミュージカル化のジャンルを確立させた作品、成功モデルとしてエポックメーキングな作品となっている。
 DVDについては、各公演DVD、コンサートDVDの他、キャストの素顔や公演の舞台裏に迫るSupporter’s DVD」など、これまでに合計31タイトル発売されている。いずれもヒットタイトルとなっており、舞台公演作品の映像商品化のDVD商品としては、異例の大ヒットとなっている。

 マーベラスによれば、「ミュージカル『テニスの王子様』」の累計観客動員数は80万人である。動員数自体も大きな数字だが、DVDの売上枚数はこの観客動員数の6割以上という異例の大きさである。DVDがファンにとって、ライブ公演に並び重みを持っていることが分かる。
 マーベラスは、今後も舞台公演事業と音楽映像事業間のシナジーの創出を目指し、 「ミュージカル『テニスの王子様』」のようなヒット作を創出するとしている。

マーベラスエンターテイメント /http://www.mmv.co.jp/
ミュージカル『テニスの王子様』 公式サイト 
/http://www.tennimu.com/
《animeanime》

特集