8月22日に今夏の大作劇場アニメ『ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜』が、フジテレビ開局50周年記念作品として劇場公開される。ファミリー向けのエンタテイメント作品であると同時に、アニメ関係者からは、CGアニメーションをふんだんに盛り込んだ新しい日本の劇場アニメ映像として注目されている。
 アニメ制作には日本のトップアニメスタジオのひとつであるプロダクション I.Gを中心に、国内の有力CGアニメーションスタジオが総結集した。日本のCGアニメーションの最先端が表れる映画として、いまから期待されている。

 映画の公開までにはまだ1ヶ月あるが、既に劇場やインターネットの公式サイトでは、この新しい映像世界を紹介するトレイラーが紹介されている。
 そこではピクサーやドリームワークス・アニメーションなどのハリウッドスタイルとは異なった、日本の独自のCGアニメーションの姿が垣間見える。

 こうしたトレイラーの紹介のなかでも、特に注目したいのが、アップルが提供しているトレイラーのダウンロードサービスだ。これはアップルが iPod向けに行う予告編提供のひとつである。
 他のサービスとは異なるのは、iPodならではのダウンロードが出来る点である。一度映像を入手すれば、手元で何度でもこの最新の日本アニメの技術が視聴出来るわけである。
 提供されるトレイラーは、30秒バーション、90秒バージョンのほか、5分間のPR映像もある。PR映像では、ロングバージョンで『ホッタラケの島』の世界を先取り出来る。

『ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜』 公式サイト
http://www.hottarake.jp/
アップル 「ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜」紹介ページ
http://www.apple.com/jp/trailers/toho/hottarake/ 《animeanime》