「ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序」 北米80館で劇場上映

ニュース 海外

 6月27日に第2弾『破』が劇場公開される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』が、いよいよ北米でも展開を開始する。作品は今年1月に米国のアニメ流通会社ファニメーション(Funimation Entertainment)が北米ライセンス獲得を発表している。しかし、その際には具体的な流通・配給については触れられなかった。
 6月12日に、ファニメーションと日本映画の流通を行うイレブンアーツ(Eleven Arts Inc)が、新たに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序』の劇場配給を手掛けることを明らかにした。

 北米の日本アニメ情報サイト アニメニューズネットワークによれば、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序』の上映はカナダを中心に現在77スクリーンが確定しており、今後も増える可能性があるという。ただし、上映は多くが一日のみとなり、全米公開や限定公開と異なったイベント的なもののようだ。
 この中には、北米最大のアニメイベントであるアニメエキスポや、ポップカルチャーイベントで北米最大のサン・ディエゴ コミコンも含まれる。

 上映のスタートは、7月2日から始まるアニメエキスポ2009になる。すでに今年のアニメエキスポは『天元突破グレンラガン』にフォーカスしており、日本からガイナックスのスタッフ今石洋之監督やキャラクターデザインの錦織敦史さんの特別ゲストも決定している。
 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序』の上映で、今年のアニメエキスポではさらにガイナックスが大きな注目を浴びることになりそうだ。

 その後、上映はシアトル、ヒューストン、フェニックス、サン・ディエゴ、ボストンなどを周る。9月30日には、カナダの66館で同時上映される。
 DVDやブルーレイ ディスクの発売日程は発表されていないが、今回の上映はそのプロモーションも兼ねているとみられる。この秋以降に北米でもリリースされることになりそうだ。日本で人気が高く、北米でもファンの多い作品であるだけに、そのビジネス的な行方も気になるところだ。

アニメニューズネットワーク /http://www.animenewsnetwork.com/
/Eva:1.0 Film on 70+ N. American Screens This Summer

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』 公式サイト /http://www.evangelion.co.jp/

ファニメーション(Funimation Entertainment) /http://www.funimation.com/
《animeanime》

特集