巨大クラウザーさんが渋谷に出現 DMCの大型プロモーション

ニュース 話題

 渋谷の街にデスメタル界の帝王『デトロイト・メタル・シティ』のボーカル クラウザーさんの巨大な姿が出現した。姿を現したのは、日本有数のオシャレスポット渋谷PARCOの壁面である。
 壁面広告が全部で4枚、それぞれが巨大なクラウザーさんで、額の文字が「必」、「勝」、「祈」、「願」と異なっている。文字を繋げれば「必勝祈願」、これは受験シーズンの学生や就職活動中の学生、バレンタインデー前の女性を応援するものだという。

         DMC-shibuya.jpg
         (c)2008 「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会
 
 また、看板は、2月に相次ぐDMC関連商品のプロモーションでもある。2月13日、「13日の金曜日」にDVDが発売されるほか、原作コミック7巻は2月11日発売、また同日に劇中歌を収録したCDとミュージッククリップ集DVDも発売する。ポスターの中には意味深なセリフもあり、渋谷の街でおしゃれな通行人を挑発しつつ、最新の作品を世間に伝える構えだ。
 看板は既に大好評で、「試験前にとても励まされた」「クラウザーさんに願を掛ければ恋が実りそう」との声もあるという。さらに看板が見下ろすスペイン坂でも、2月14日までの期間限定で、11 種類のキャッチコピーによるクラウザーさんのポスターが登場している。

 その2月13日発売のDVD「スペシャル・エディション」に収録されるメイキング・ドキュメンタリー「ドキュメント・メタル・シティ」の内容も今回明らかにされている。
 2007 年公開のドキュメンタリー映画「童貞。をプロデュース」の松江哲明監督が「DMC」の撮影現場に完全密着し、クラウザーII 世と根岸崇一の二つのキャラクターを演じ分けた松山ケンイチさんの素顔に迫った80 分以上の独立作品となる。松山扮する「悪のカリスマ」クラウザーII 世が、映画の撮影の裏側で、青年との交流を通じて、青年の魂を救っていたという、初めて公開されるエピソードだ。
 東宝では「一つのコンテンツとして充分に勝負できる完成度」と本ドキュメントの出来ばえに自信満々だという。

『デトロイト・メタル・シティ』 公式サイト /http://www.go-to-dmc.jp/index.html
DMC の裏の裏  /http://blogs.yahoo.co.jp/dmc_blog

DOC-shibuya-paruco.jpg2009年2月13日発売
『デトロイト・メタル・シティ <完全限定生産 メタルモンスターBOX>』
3枚組  9240円 (税込)
『デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション』
3枚組  7140円(税込)
『デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション』 
3990円(税込)

発売元・販売元/東宝  
(c)2008 「デトロイト・メタル・シティ」製作委員会
《animeanime》

特集