本年3月20日の発売が予定されていた映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』のBlu-Ray Disc(BD)の発売が中止になったことが明らかになった。
 『ビューティフル・ドリーマー』は1984年に劇場公開された作品で、マンガ家高橋留美子さんの原作『うる星やつら』を押井守監督が映画化した。押井守監督の出世作でもあり、80年代の名作として今でも人気が高い。

 BDの発売と販売は東宝、税込み6090円で、当初は3月20日から発売を予定していた。既に小売店やネットショップで予約を受付けていた。
 しかし、1月26日に東宝は、「製品に関するお詫びとお知らせ」として、ブルーレイ「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を諸般の事情により発売を中止すると発表した。また、東宝は現時点では今後の発売の予定もないとしている。

 アニメのBD商品については、『AIR』や『AKIRA』のように映像クオリティーの調整により発売延期になった例はこれまでにもある。また2006年には、やはり押井守監督とも関わりの深い『BLOOD THE LAST VAMPIRE』のBD発売が中止になっている。
 今回の発売中止の詳しい理由は明らかでないが、熱心なファンが多い作品だけに、今後のパッケージ化の行方が気になるところだ。 《animeanime》