AnimeCons.com 北米アニメイベントランキング発表 増加傾向続く | アニメ!アニメ!

AnimeCons.com 北米アニメイベントランキング発表 増加傾向続く

ニュース 海外

 日本のアニメ・マンガをテーマにしたイベント(アニメコンベンション)の情報を提供する米国の情報サイトAnimeCons.comは、2008年の北米アニメコンベンションの参加人数ランキングを公表した。
 AnimeCons.comがまとめた2008年のアニメコンベンションの総括と合わせたものである。ランキングはイベントの参加人数も公表しており、2007年との比較で、ベスト10に入ったイベントの全てが増加している。

 上位10イベントの参加人数の合計は、2007年の約15万7000人から約18万2000人に拡大した。また、2008年はAnimeCons.comが調査を取りはじめて以来初めて、上位10イベントの参加人数が全て1万人を超えた。
 ここ数年、北米で日本のアニメビジネスの不調が伝えられるが、アニメコンベンションに関する限りは依然成長ビジネスであるようだ。

 しかし、AnimeCons.comは、中小のイベントに較べて大型イベントの伸び率は鈍っており、経済不況の影響があると指摘している。参加費が高額の大型イベントより、地元の安いイベントに参加者が流れているという。
 北米経済の深刻さが増したのは2008年の秋以降だから、そうした影響が出るとすればむしろ今年2009年である。今年のアニメコンベンション動向がより注目されそうだ。

 そうした中、2008年に北米で最も参加者の多かったアニメコンベンションは、ロサンゼルス市で開催されたアニメエキスポ(AX)2008であった。参加者数は43000人で、昨年の41600人から微増となる。ただし、昨年の参加者数は44000人と発表されている。その後下方修正された数字からの増加と、やや不透明感のある数字となっている。
 1990年代後半から急成長を遂げたAXも、さすがにその拡大に陰りが見えているようだ。それでも、今年は会場を、これまでのロサンゼルス近郊のアナハイム市、ロングビーチ市といった場所から、ロサンゼルス市の顔であるロゼンゼルス・コンベンションセンターに移し大きな注目を浴びた。
 AXはロサンゼルス市と市内開催について長期契約を結んでいるから、当分の間はロサンゼルス市のダウンタウンで落ち着く。地の利の良さもあり全米最大の位置は当分揺るぎそうもない。

 しかし、参加者26934人となった2位のOtakonが、AXより勢いがありそうだ。前年の参加者22852人から26394人に増加している。Otakonの数字は、AXと違い企業関係者やスタッフ、プレスなどを含んでいないから、AXと同様の計算をすればその数は3万人に近づく。名実共に北米の2大コンベンションと言えるだろう。
 Otakonの成長は、これまで西海岸のイベントが優位だったなか、東海岸のイベントの成長を感じさせる。今回3位にランキングしたニューヨーク・アニメフェスティバル、ここ数年急成長を続けるアニメボストンなど東海岸のイベントの拡大が目立つ。

 特に非営利団体の運営が一般的なアニメコンベンションの中で、営利企業リード・エグジビジョンが運営するNYアニメフェスティバルが注目される。
 同社は既に別に開催するニューヨークコミコンを、わずか3年で全米第2位のポップカルチャーイベントに育てた実績がある。今回も開催2年目で、北米第3位のアニメコンベンションを誕生させたことになる。アニメDVDや放送、オンライン事業で収益があがらない中、ライブイベントのビジネス性が注目されているが、ニューヨーク・アニメフェスティバルはそうした動きに乗ったかたちだ。

 個別の動きでは、シカゴのアニメセントラル、トロントのアニメノースがランキングを落とす一方で、シアトルの桜コンが急成長を遂げている。こうした結果はイベントオーガナイザーの運営能力にも左右されるが、それぞれの都市の持つアニメ市場のポテンシャルも反映されている可能性が高い。
 そう考えるとロサンゼルス(AX)、シアトル(桜コン)、シリコンバレー(ファニメコン)の西海岸地域と、ニューヨーク(NYアニメフェスティバル)、ワシントンDC近郊(Otakon)、ボストン(アニメボストン)の東海岸の2大地域が日本アニメの巨大市場となる。

 日本アニメをテーマにしたイベントの成長は、北米だけでなくアジアやヨーロッパなどでも見られる現象となっている。
 2008年には日本国外では最大のパリ・ジャパンエキスポやスペインのサロン・デ・マンガ・デ・バルセロナ、ドイツでもイベントが拡大している。また、シンガポールでは同国初の大型イベントAnime Festival Asia 2008が開催され注目を浴びた。アニメイベントは、日本のアニメとマンガの海外での動向を知る重要な指標となっている。

【AnimeCons.comの北米アニメイベントランキング】

1. アニメエキスポ 43000 人(概算)
2. Otakon 26394人(チケット購入者)
3. ニューヨーク・アニメフェスティバル 18399人(概算)
4. A-Kon: 15000 (チケット購入者 概算)
5. 桜コン 13600人 (チケット購入者 概算)
6. アニメ ボストン 14339人(概算) 13248人 (チケット購入者)
7. アニメセントラル 13900人(チケット購入者 概算)
8. アニメノース 13300人 (チケット購入者 概算)
9. ファニメコン 13000人 (チケット購入者 概算)
10. アニメ・ウィークエンド・アトランタ 11101人 (チケット購入者)
  *いずれも実数で、1人が会期中何日参加しても1人と計算する。

AnimeCons.com /http://www.animecons.com/
/Looking Back on the Anime Conventions of 2008
/Looking Back on the Anime Conventions of 2007
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集