世界のマンガ事情展 京都国際マンガミュージアムで9月6日から | アニメ!アニメ!

世界のマンガ事情展 京都国際マンガミュージアムで9月6日から

ニュース イベント

  9月6日から8日まで京都市で第9回国際マンガサミット京都大会が開催されるのを記念して、京都国際マンガミュージアムは連動企画「世界のマンガ事情-サミット・オブ・マンガ展」を開催する。
 展覧会では、日本のマンガとは異なる世界各国の様々なマンガ作品、マンガ事情を紹介する。日本のマンガとは異なるマンガを知ることで、来場者に異文化体験と新鮮な驚きを与えることを目指している。
展覧会の開幕は9月6日、第9回国際マンガサミット京都大会の開会日と合わせているが、こちらの開催期間はサミットより長く10月13日まで行われる。

 会期中は、国際マンガサミットに参加する26カ国・地域のマンガ事情の紹介パネルを展示する。また、世界各地のマンガが読むことが出来るようになっており、作品を身近に知ることが出来る。
 さらに「少年誌最長の連載マンガは?」、「最も多くの作家に描かれたマンガは?」、「最も多くのキャラクターが登場するマンガは?」といった切り口で数々のナンバーワンマンガを体感的する、各国ごとの「頂点=サミット」作品コーナーを設ける。

 京都国際マンガミュージアムは、この他にも国際マンガサミットと連動するかたちで幾つもイベントを行う。9月6日、7日には、ビッグ錠さんの人気マンガ『包丁人味平』を原作にしたグルメミュージカル『包丁人味平』を無料上演する。
 また9月7日午後に、先頃、惜しまれつつ逝去したマンガ家赤塚不二夫さんの業績を振り返る緊急追悼座談会「赤塚不二夫を偲ぶのだ!!」を行う。京都国際マンガミュージアムの養老孟司さんやマンガ家竹宮惠子さんらが登壇する。
 9月8日は、デジタルマンガ大賞2008の受賞作品発表とセミナー、記念トークショーも予定されている。こちらのトークショーはモンキー・パンチさんが行うほか、ちばてつやさん、里中満智子さんと大物マンガ家が出演する。このほかコスプレ交流会も行われるなど、多方面から国際マンガサミット京都大会を盛り上げる。

 国立京都国際会館で開催される国際マンガサミット京都大会でも、シンポジウムや展示会、マンガ教室、ファンイベントなどが多数計画されている。
 9月6日、7日の京都の週末は、マンガ関連のイベント一色になりそうな気配である。

*アニメ!アニメ!では、通常日本で描かれた作品だけを「マンガ」と表記しますが、今回の文中では展覧会の趣旨に合わせて、マンガスタイル、コミックス、バンドデシネを総称した呼称として「マンガ」と表現しています。

京都国際マンガミュージアム /http://www.kyotomm.com/
第9回国際マンガサミット京都大会 公式サイト /http://www.manga-summit.jp/

「世界のマンガ事情-サミット・オブ・マンガ展」 
開催期間 2008年9月6日(土)~10月13日(月・祝)
会場 京都国際マンガミュージアム 2階 メインギャラリー
入場料 大人1000円、中高生500円、小学生200円(料金はミュージアム入場料を含む)
各イベントの詳細は、京都国際マンガミュージアム公式サイトで確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集