東京オンリーピック開幕直前 完成披露試写会を開催 | アニメ!アニメ!

東京オンリーピック開幕直前 完成披露試写会を開催

イベント・レポート

 北京オリンピックと同じ8月8日から24日まで劇場公開する映像によるヴァーチャル・スポーツ競技会『東京オンリーピック』の完成披露試写会が、6月28日に東京・新宿バルト9で行われた。
 当日は大会委員長とも呼ばれる総監督の真島理一郎氏のほか、水野貴信監督(神風動画)、筧昌也監督、児玉徹郎監督、AC部(板倉監督、)、古谷雄作監督(Cruiser)、澤田裕太郎監督、中尾浩之監督(P.I.C.S)ら競技映像を担当した監督陣とナビゲーターの茂木淳一氏らが登壇し、会場に訪れた観客を沸かした。

 『東京オンリーピック』では、競技会と見立てた映画を、それぞれ異なる監督が異なる想像上のユニークな種目作り出し、アニメーションや実写で映像化する。監督がそれぞれ短編映像を制作するオムニバス方式を取っている。
 参加する監督たちは、アニメーション、実写を問わず、インディーズ映像の世界で名前を知られた人ばかり。それぞれの作品でも楽しめるが、ビッグネームが並ぶだけに映像の競演も見所になる。作品のテーマは競技会だが、映像自体も互いに競いあっている点もユニークだ。

          onlypic2.JPG
           (c)2008 東京オンリーピック連盟/国際オンリーピック委員会

 今回の映画の見所について真島監督は、「スキージャンプ・ペアの次は、自分だけでは出来ない新しいエンタテインメントをやりたいと思ったのがきっかけで作りました。」と語り、大勢のクリエイターが参加する作品の魅力をアピールした。
 また「いろんなテイストの作品があるので、ご覧頂きながら、それぞれ好きなものを見つけて頂けたら嬉しいです。」と作品の幅の広さの面白さを紹介した。

 また、茂木淳一氏は、「オンリーピックはスポーツ大会ですので、みなさん汗をかきながら観てください!」と映画のコンセプトとその魅力に触れた。
 さらに主題歌を担当し、さらに劇中では共演した中川翔子について、「劇場版では、中川さんとの掛け合いがテンポよく入っていますので、それを楽しんで頂けたら。」と語った。

『東京オンリーピック』 開催(劇場公開)
公式HP: /http://www.onlypic.org/

開催(劇場公開)期間: 2008年8月8日(金)~8月24日(日)
会場(劇場): 新宿バルト9
総監督: 真島理一郎
監督: 江口カン(KOO-KI)/筧昌也/神風動画/児玉徹郎/五月女ケイ子×細川徹/谷口崇/中尾浩之(P.I.C.S.)/中野裕之/古屋雄作(Cruiser)/真島理一郎/真島理一郎×澤田裕太郎/AC 部/Bill Plympton(アメリカ代表)/Ignacio Ferreras(アルゼンチン代表)/Richard Fenwick(イギリス代表)
公式テーマソング: 中川翔子「Shiny GATE」(Sony Music Records)
アート・ディレクター: 田中秀幸(フレイムグラフィックス)
ナビゲーター: 茂木淳一
企画: 真島理一郎/ファンワークス
配給: アスミック・エース
提供:東京オンリーピック連盟(アスミック・エース エンタテインメント、アドネス、キネマ旬報社、ジェネオン エンタテインメント、ソニー・ミュージックエンタテインメント、中央映画貿易、デジタルハリウッド、電通、フェイス、フロンティアワークス、ファンワークス)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集