第3回札幌国際短編映画祭 オフィシャルセレクション決定 | アニメ!アニメ!

第3回札幌国際短編映画祭 オフィシャルセレクション決定

ニュース アワード/コンテスト

 今回で3度目を迎える札幌国際短編映画祭のノミネート作品が発表された。札幌国際短編映画祭は一昨年よりショートショートフィルムフェスティバルから独立した映画祭で、APPOROショートフェスト実行委員会と札幌市の主催で運営されている。
 例年国内外問わずアニメーション作品の応募もある。昨年は地元のQuifilmが制作した『[KUROMAME] the magic wand』が最優秀チルドレン・ショート賞を受賞した。この作品は昨年、東京国際アニメフェア2007の第6回東京アニメアワード公募部門特別賞も受賞している。 

 今年は76の国と地域から計2336作品の応募があり、その中から113作品が本選に進むことになった。
 今年ノミネートされた国内作品は20点で、アニメーション作品も数点含まれる。フィルムメーカー部門に、コマ撮り作品などを制作する照沼敦朗氏、海外作品部門には山村浩二氏がグリーンピースの依頼を受けて制作した『校長先生とくじら』がある。
 また、昨年のオタワ国際アニメーションフェスティバルにノミネートされていた後藤章治氏の『OOIOO "UMO"』、TOCHIKA(モンノカズエ+ナガタタケシ)がSo-netと共同で行っているプロジェクト『PiKAPiKA THE MOVIE ~GO! GO! PiKAPiKA!!~』などの作品も見られる。

 そして国内作品部門には今年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルにノミネートされていた水江未来氏の『DEVOUR DINNER』、昨年の第19回CGアニメコンテストで入選していた七尾一哉氏の『放課後、エメラルド』、山路直樹氏の『ODEKI+』、松本弘氏の『ぷんぷん米』などが選ばれている。
 山路氏の『ODEKI+』は東京国際アニメフェア2006の第5回東京アニメアワード公募部門特別賞を受賞した連作『ODEKI』に新作を加えたものである。また松本氏は別の作品『Fishing』が今年のザグレブ国際アニメーションフェスティバルにノミネートされていた。
 そのほか動画革命東京で『コルボッコロ』を制作した糸曽賢志氏の監督した実写映画『セイキロスさんとわたし』などとなっている。
 この第3回札幌国際短編映画祭の会期は9月10日から15日までで、今年も市内数ヶ所での開催を予定している。
【真狩祐志】

札幌国際短編映画祭 /http://sapporoshortfest.jp/

当サイトの関連記事
/SAPPOROショートフェスト2007 AWARD受賞作品決定
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集