自主アニメサークル横浜動画倶楽部 第26回大動画上映会 | アニメ!アニメ!

自主アニメサークル横浜動画倶楽部 第26回大動画上映会

ニュース インディーズ

 7月6日、横浜・中区のかながわ県民センターで、アマチュアアニメーションの上映会第26回大動画上映会が開催される。大動画上映会は、アニメーションサークルである横浜動画倶楽部の主催により1987年から行われている。
 横浜動画倶楽部には、横浜を中心にアニメーション制作を続ける有志によるアニメーション愛好者が参加する。アニメーション制作援助や鑑賞会、情報交換を通じてアニメーションの発展への寄与を目的としている。
 設立も1987年、大動画上映会は横浜動画倶楽部の活動の中心であるが、自主映画活動ののなかでも長年活動を続ける数少ない団体である。

 今年の上映作品数は、全部で16作品、昨年と比べると減少したように感じられる。しかし、上映時間が1時間近くの『不思議の国とアリス』など大作作品も含まれている。このため例年通り、およそ3時間半の見応えのある上映会になる。
 『不思議の国とアリス』を制作したニブンノイチケイカクは、東京国際アニメフェア2008にもブース出展していた制作チームである。ルイス・キャロルの『不思議の国とアリス』を原作に、およそ1時間近くにも及ぶ3DCG自主制作アニメーションの大作を手がける。

 このほかの上映作品には、2005年のアジアデジタルアート大賞でも受賞していた玉英氏のシリーズ続編『ザラス「霊珠」第4話』もある。
 また今年の第6回インディーズアニメフェスタにノミネートされていた北大アニメーション研究会の『探すモノ』、さらにうスタジオぽぷりの『爪少女ネイル』なども上映される。上映会は11時半会場、12時上映開始である。
【真狩祐志】

横浜動画倶楽部 /http://www.geocities.jp/yokohama_doga_club/

当サイトの関連記事
/横浜動画倶楽部 第25回大動画上映会の上映作品発表
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集