「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」限定公開決定! | アニメ!アニメ!

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」限定公開決定!

ニュース 映画/ドラマ

 1995年に発表され、世界中のクリエイターに大きな影響を与えた押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がリニューアル作品として7月12日(土)から東京・ミラノ座ほか全国5都市で限定公開される。
 今回リニューアルされる作品は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』と名付けられ、押井監督自らが全カットを完全リニューアルしているほか、新作3DCGカットや新しいデジタルカットを加えているのが特徴である。

 また、音楽は川井憲次さんによって新たに6.1chにリミックスされたものが使用されている。音響制作には『Mr.インクレディブル』でアカデミー賞を受賞したランディ・トムが新たにサウンドデザイナーとして参加している。スタジオはジョージ・ルーカス氏のスカイウォーカーサウンドにてファイナルミックスを行っている。
 さらに、作中の鍵となる「人形使い」役に榊原良子さんを起用し、全編を新規にアフレコしている。榊原さんは押井監督作品『機動警察パトレイバー』の南雲しのぶ役、『攻殻機動隊』の続編になる『イノセンス』にもハラウェイ役としてファンにお馴染みの役者である。

 押井監督は8月に待望の新作『スカイ・クロラ』を発表することがすでにアナウンスされており、ファンの期待感は十分に高まっていた中でのサプライズとなった。作品の完成は6月中旬を予定しており、最新の映像がすぐさま観客の前に届けられることになる。
 前身となる『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の発表から13年。これまでに、ウォシャウスキー兄弟やリュック・ベッソン氏ら、多くの世界的なクリエイターがこの作品からの影響を表明している。
 今回、様々な部分がリニューアルされ、再びスクリーンの巨大な画面・豪華な音響で姿を現す。前作を見た人も、テレビシリーズ「Stand Alone Complex」で知った人も、これらのクリエイターのリスペクトで知った人も、「2.0」にバージョンアップした『攻殻機動隊』は劇場で体感しておきたい作品だ。

 劇場は7月12日(土)から東京・ミラノ座、大阪・なんばパークスシネマ、名古屋・名古屋ピカデリー、福岡・福岡UCIキャナル・シティ、札幌:札幌シネマフロンティア。それぞれ限定公開される。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集