「狼と香辛料」DVD購入者イベント「ほろろん」祭り開催 | アニメ!アニメ!

「狼と香辛料」DVD購入者イベント「ほろろん」祭り開催

イベント・レポート

 2008年5月24日、東京両国の国際ファッションホールにて『狼と香辛料』DVD購入者イベント「ほろろん」祭りが開催された。
 これは同作のDVD1、2巻の購入特典として用意されたものである。ファンのリアクションは非常に良く、1000通以上の応募から抽選で選ばれた幸運な250名がイベントに参加することができた。この日は北海道から鹿児島までと全国各地から集まってきており、この作品が熱心なファンたちに支えられていることが伺える。

 出演は主人公・ロレンス役の福山潤さん、賢狼ホロ役の小清水亜美さん。司会はニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが務めた。
 イベントでは、熱心なファンが集う機会ならではの、凝ったクイズ大会が行われた。ビデオで作品のシーンの一部を流し、そこで隠されている台詞を当てるというもの。

        HORORON1.jpg

 クイズの問題は「どの化身であっても代償なしで姿を変えるのは無理じゃ。わっちの場合は●●●か、それかわずかな麦か…」(第一幕)や、「わっちの旦那様の●●●が太くなりますように」(第二幕)、「わっちの相手が務まる雄は人にはおらなんだ。わっちに触れれば●●●がもげるぞ」(第五幕)、などのスタッフの悪ノリが冴える問題ばかり(正解はDVDを買って確かめよう)。
 会場のお客さんは皆、一度で正解をして熱心なファンとアピールして見事、商品であるキャストのサイン入り台本を手に入れた。

 後半からは、作品と同様にノーラ役の中原麻衣さんが登場した。こちらのパートはアニメ版同様、ノーラとホロの間に揺れるロレンスを演じてもらう「彼女にするならどっち?」コーナー。
 小清水さんと中原さんが様々なシチュエーションに対してそれぞれのキャラクターならどのように答えるかを考え、ロレンスの気を惹こうとするもの。「初めてのデートは?」に対して「リンゴを食べに果樹園」と答えるホロ、「犬を連れてドッグランド」と答えるノーラなど、キャラクターへの理解が見られた。

 この後、5月30日に発売されるDVD第3巻に収録される未放映話数「狼と幸福の尻尾」が先行上映された。このエピソードは物語が前半から後半にさしかかる第七幕に挿入される。
 港町パッツィオでロレンスとホロが2人で服を買出しに行くという微笑ましい内容。露店を巡りながらお互いの気持ちを寄り添わせてゆく2人の姿が、ゆったりとした時間の流れの中で描かれる。

        HORORON2.jpg

 会話劇が魅力の本作。見ているファンは楽しんでいられるが、演じている方は休む間もなく言葉が続くのでとても大変なのだそうだ。少ない時はアフレコスタジオにたった4人だけという話数もあったほど。小清水さんは最初、ホロの特徴的な「くりゃれ」の言葉に口がついていかず苦労したそうだ。
 DVD第3巻は初回限定パックに原作のイラストレーターの文倉 十さんによる描き下ろし300ピースジグソーパズルと、描き下ろしエンディングアニメイラストカード2枚、オールカラーリーフレットなどが付属する。

 6月26日にはニンテンドーDS用ソフト『狼と香辛料 ボクとホロの一年』が発売される。こちらは原作の世界観を活かし、プレイヤーが商人となってホロと旅をして大商人を目指す、恋愛&行商シミュレーションゲームである。
 この作品では小清水さんが主題歌とキャラクターソングを歌う。ステージでは主題歌の「隣にいるよ」が披露された。ロレンスはゲーム中に出てこないが、福山さんは別のキャラクターとして出演している。
 また、好評のうちに配信が終了したWebラジオ『福山潤と小清水亜美のオオカミックラジオ』の総集編と録り下ろしを含む2枚組のDJCDが7月16日に発売される。同日にはドラマCD『狼と琥珀色の憂鬱』が発売される。

 原作小説は5月に第8巻が発売され、累計発行部数が170万部を超えたことがファンに報告された。大きな反響に福山さんは思わず「実写化のレベルですね」と、一言。小清水さんは「一体、誰が演るんでしょうね」とコメントして会場は笑いに包まれた。
 会話劇ということで舞台化なども期待したいところだ。福山さんは「応援宜しくお願いします。そうすればまたどこかで会えるから」と、今後を期待させる言葉でイベントを締めくくった。

狼と香辛料 公式サイト
   /http://www.spicy-wolf.com/
狼と香辛料 ボクとホロの一年
   /http://d-game.dengeki.com/spice-wolf/index.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集