ハンガリーアニメーションを紹介 短編集35作品発売 | アニメ!アニメ!

ハンガリーアニメーションを紹介 短編集35作品発売

ニュース アニメ

 2008年5月28日に、コロムビアミュージックエンタテインメントから『ハンガリー・アニメーション傑作選』と題されたDVD-BOXが発売される。ハンガリーアニメーションの著名な監督3人、ドーラ・ケレステシュ監督、イシュトヴァーン・オロス監督、マリア・ホルヴァット監督の作品が収録された短編集となる。
 それぞれの監督ごとに日本語字幕のついた5分ほどの短編が5作から7作、計21作品が収録される。DVD-BOX以外にも、単巻でも発売され、それぞれに10分程度の映像特典が収録される。

 ハンガリーのアニメーションは、同じ中央ヨーロッパでアニメーションが有名なチェコのものともテイストが異なる。ノスタルジックな絵柄のものや、シリアスな童話調のもの、油絵アニメーションや版画を使ったものまで様々な手法で描かれている。
 今回の収録作品の年代も幅広く、古くは1979年から新しいところでは2004年の作品まで取りそろえられている。
 ドーラ監督は児童文学のイラストレーションやポスター制作、舞台芸術でも活躍する人物である。現在は映画監督として活躍する。オロス監督は舞台美術や画家、俳優としても活動し、伝統的な版画の技術や歪み絵やだまし絵などにも取り組む。ホルヴァット監督は緻密な動きと美しい作風は国際的に評価が高い。

 また、同日には短編アニメーション『ハンガリアン・フォークテイルズ』も発売される。これはホルトヴァット監督とナジ・ラヨシュ監督によるハンガリーの昔話を元にしたという短編集である。
 2007年12月から劇場公開された映画で、13編の物語を収録している。作品はアニメ界で有名な研究家、なみきたかしさんが選んだ。

ハンガリー・アニメーション傑作選(コロムビアミュージックエンタテインメント)
/http://columbia.jp/prod-info/XT-2549-51/ハンガリアン・フォークテイルズ(コロムビアミュージックエンタテインメント)
/http://columbia.jp/prod-info/COBM-5561/

『ハンガリー・アニメーション傑作選』
収録作品

『ムーン・フィルム ドーラ・ケレステシュ作品集』
「ムーン・フィルム」
「マジック」
「イチ、ニ、サン」
「顔」
「ゴールデン・バード」
「柳の微笑み」
「ナンダ、ナンダ?」

『タイムサイト イシュトヴァーン・オロス作品集』
「マインド・ザ・ステップ」
「ザ・ガーデン」
「叫び」
「ブラックホール-ホワイトホール」
「タイム・サイト」
「迷路」

『スチールス~追憶のスケッチ~マリア・ホルヴァット作品集』
「夜の奇跡」
「テリング・ストーン」
「ドアNo.8」
「ドアNo.9」
「KAFF オープニングフィルム」
「グリーンツリー・ストリート66番地」
「スチールス~追憶のスケッチ~」


『ハンガリアン・フォークテイルズ』
監督:マリア・ホルヴァット、ナジ・ラヨシュ
収録話

「フィドルになったお姫さま」
「少年の見た夢」
「貧乏な男と悪魔たち」
「妬みの報い」
「双子の王子の冒険」
「貧者と利口な馬」
「かくかくしかじか」
「靴をはきつぶす王女たち」
「天使の羊」
「とんまな妻」
「金の毛の子羊」
「魔法の南京錠」
「ツェルセルーシュカ」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集