「グレンラガン」 米国SFチャンネルで7月に放映開始 | アニメ!アニメ!

「グレンラガン」 米国SFチャンネルで7月に放映開始

ニュース 海外

 米国の有力ケーブルチャンネルであるSFチャンネル(Sci Fi Channel)が、7月28日からテレビアニメ『天元突破グレンラガン』の放映を開始することが明らかになった。
 同局の月曜日夜のアニメ放映枠「アニマンデー(Ani-Monday)」で11時から、全27話が順次放映される予定である。

 米国では日本の新作アニメの放映枠が限られているため、『天元突破グレンラガン』のテレビ放映開始は大きな成果となる。特にマニア向けと見なされることの多いロボットアニメが、大手テレビ局で放映されることは珍しい。
 日本での作品の高い人気や、『エヴァンゲリオン』で海外ファンにも馴染みの深いガイナックスの制作、9月に国内で劇場公開されるなど、作品の大きな展開が期待出来ることがテレビ放映につながったと見ていいだろう。

 『天元突破グレンラガン』は、今年4月に行われたニューヨーク・コミコンで、バンダイ・エンタテインメントが、北米でのライセンス獲得、7月からのDVD発売を発表している。
 日本アニメDVDの販売が低調とされる北米市場だが、やはりテレビ放映がある場合とそうでない場合は、売行きに大きな違いがある。今回のテレビ放映とDVDリリースの同時展開は、ビジネス的にも意味が大きい。

 SFチャンネルはヤングアダルトに人気の高いSF専門チャンネルで、SF、アクション、サスペンスなどエンタテインメント作品を中心に放映する。日本アニメを数多く放送するアニメーション専門チャンネル カートゥーンネットワークの「アダルトスイム」と競合している。
 SFチャンネルは、長い間、日本アニメのレギュラー放映を行ってこなかった。しかし、同局は、2007年春から日本アニメに特化した2時間の放映枠として「アニマンデー」を開始した。

 これはアニメやアニメーションの放映で高い視聴率を誇る「アダルトスイム」に対抗するものだとみられる。「アダルトスイム」は現在、『DEATH NOTE』や『コードギアス 反逆のルルーシュ』などを放映している。
 これまでキッズ向け以外のSFやロボットアニメの米国での放映は、カートゥーンネットワーク「アダルトスイム」枠にほぼ限られていた。SFチャンネルが今後も積極的に新作アニメを投入すれば、日本アニメの展開を行う企業のオプションも広がることになる。

天元突破グレンラガン公式サイト(米国)
/http://gurren-lagann.bandai-ent.com/
SFチャンネル(Sci Fi Channel)
/http://www.scifi.com/

当サイトの関連記事
/米 SFチャンネル深夜アニメ放映枠開始 スタートは攻殻SSS
/米国のSFチャンネル 2月から日本アニメ放映枠を拡大
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集