九州アニメ・コンベンション2008 CGアニメコンテストなどを紹介 | アニメ!アニメ!

九州アニメ・コンベンション2008 CGアニメコンテストなどを紹介

ニュース インディーズ

 九州北部でアニメ産業振興を目指すアジアアニメーション産業組織体(AAO)は、7月27日に「九州アニメ・コンベンション2008」の開催を行う。
 この「九州アニメ・コンベンション2008」は、2006年に小倉で初開催された「北九州アニコン」を前身としている。今年で開催は3回目となるが、今回は福岡市内に場所を移す。福岡市での開催で、これまでより多く人にアニメをアピール目指すようだ。

 今年の会場となる九州大学大橋キャンパスは、九州芸術工科大学を前身とした芸術工学部が設置されている。アニメ関連の人材とも結ぶつきが強い。
 その出身者にはメーラーの『ポストペット』や風の谷のナウシカのメーヴェを開発する『OpenSkyプロジェクト』で知られる八谷和彦氏、『ペイル・コクーン』や『イヴの時間』のアニメーションを制作するアニメーション作家吉浦康裕氏らがいる。

 今回のイベントは、2部構成である。第1部の「AAOアニクリ・ネットワーク」は、若手アニメーション作家の作品を解説つきで紹介する。メガマソ×AAOの『メガチーアニメケイカク』の作品披露などが行われる。
 この『メガチーアニメケイカク』は、ビジュアル系バンド「メガマソ」のアニメーションPVを制作するプロジェクトで、昨年の「北九州アニコン2007」で制作開始を発表していた。

 そして第2部は、「CGアニメコンテスト20周年記念上映会 ― パーソナルCGアニメ20年の歴史 ―」となっている。こちらでは今年でちょうど20年目を迎えた「CGアニメコンテスト」を主催するDoGA代表のかまたゆたか氏を招いての講演と上映会が行われる。CGアニメコンテスト入選作品を紹介する。
 CGアニメコンテストは、毎年、東京と大阪で上映会を行っているほか、今年4月には京都マンガミュージアムでも今回と同様の上映会が行われている。しかし、CGアニメコンテストの作品が九州でまとまって紹介されることは珍しく、今回は貴重な機会となる。
【真狩祐志】

AAO アジアアニメーション産業組織体  /http://www.a-a-o.org/

九州アニメ・コンベンション2008

日時 7月27日 10:30-16:00
会場 九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟

第1部「AAOアニクリ・ネットワーク」 10:30-12:00
第2部「CGアニメコンテスト20周年記念上映会
    ― パーソナルCGアニメ20年の歴史 ―」 13:30-16:00
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集