「ドルアーガの塔」 アニメ&ゲームに遠藤雅伸氏本人が出演 | アニメ!アニメ!

「ドルアーガの塔」 アニメ&ゲームに遠藤雅伸氏本人が出演

ニュース 話題

 この4月からテレビアニメとオンラインゲームでスタートした『ドルアーガの塔』プロジェクトが、また新たな試みに挑戦する。
 『ドルアーガの塔』シリーズの生みの親であり、現在展開するTVアニメとオンラインRPGプロジェクトのスーパーバイザーも務める遠藤雅伸氏がアニメ『ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~』とオンラインゲーム『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』に本人自身として登場する。
 
 テレビアニメでは第7話『片羽と踊れ』の予告編では、姿かたちもそのままに登場し、ファンを驚かせた。また、オンラインゲーム『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』でも、遠藤氏本人が専用キャラクターでゲームに降臨する。運がよければ、大物プロデューサー本人と対面出来る特別イベントとなる。
 
 『ドルアーガの塔』は1984年に誕生したアーケードゲームの名作で、80年代に一世風靡した。遠藤雅伸氏はその開発者としてカリスマ的な人気を誇っている。
 今回は時を越えて蘇ったアニメとオンラインゲームでもスーパーバイザーとして参加し、作品の世界観の象徴となっている。そうした遠藤氏自身が作品コンテンツとして登場するユニークな試みである。

 これまでも『ドルアーガの塔』のプロジェクトでは、アニメで登場するアイテムをオンラインゲームで使用するなど、両者の連動を図るなどユニークな試みを行っている。アニメ、オンラインゲーム単体だけでなく、ふたつを合わせることでより深く楽しめる仕掛けである。
 さらにアニメでは、テレビ放送とインターネット配信という異なるメディアを使い分けることで、2種類の第1話が存在する表ヴァージョン、裏ヴァージョンが大きな話題となった。こちらも作品自体に加えて、作品にまつわる状況を楽しむという試みである。

 放映本数は減っているとされるものの、それでも現在テレビ放映されるアニメシリーズは全部が視聴することが不可能なほどの数が多い。
 そうしたなかで『ドルアーガの城~the Recovery of BABYLIM~』は、イベント型の作品というユニークな地位を築き差別化している。

『ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~』
  /http://www.druaga-anime.com/
『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』
  /http://druaga-mmo.com/

     da en.JPG endoh.jpg  
    ©NBGI / イズミプロジェクト

当サイトの関連記事
/『ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~』
千明孝一監督 橋本太知プロデューサー インタビュー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集