JASRAC 2007年度の曲目別ランクを発表「エヴァ」など | アニメ!アニメ!

JASRAC 2007年度の曲目別ランクを発表「エヴァ」など

ニュース 音楽

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は、2007年度の著作権料の徴収額および、その分配額に基づく曲目別ランキングを発表した。
 2007年度の著作権使用料徴収額は前年度より4.1%増の約1156億円となった。主にケーブルテレビの使用料が複数年度入金されたことが理由とされている。

 また、ネットなどでの楽曲配信およびCD、カラオケなどから徴収した使用料により算定されるランキングは次のようになった。
 1位に『Flavor Of Life』(宇多田ヒカル)、2位に『エヴァンゲリオンBGM』などとなっている。『Flavor Of Life』は少女マンガ誌「マーガレット」で連載されていた人気マンガのドラマ化続編『花より男子2(リターンズ)』のイメージソングであった。
 また、『エヴァンゲリオンBGM』からは、昨夏に劇場公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』で人気が再燃した影響も見て取れる。この辺りは例年3月に社団法人日本レコード協会が発表している日本ゴールドディスク大賞と一部重なる部分がある。

 そして、4位には「ドラゴンボールZ BGM(TV)」が入っている。海外でのTV放映も理由として挙げられている。
 今年から来年にかけては劇場版のDVD発売やハリウッドでの実写映画化など、話題が尽きない状況でもあるので今後も注目である。
【真狩祐志】

日本音楽著作権協会(JASRAC) /http://www.jasrac.or.jp/

2007年度曲目別ランキングトップ5

1: 『Flavor Of Life』 宇多田ヒカル
2: 『エヴァンゲリオンBGM』
3: 『LOVERS AGAIN』 EXILE
4: 『ドラゴンボールZ BGM(TV)』
5 :『涙そうそう』 夏川りみ、BEGIN、森山良子
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集